--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九十九怪談 第八夜 著:木原浩勝

2015年06月06日 22:09

新耳袋から続く、新シリーズ第八夜。
前書きも後書きも無く最後の一話を読者に託す、そんな怪異を九十九編。

「第三話 嘔吐」
着信も無いのに震え続ける携帯電話。
振動音に混じる奇妙な音が止んだ次の瞬間、掛かってきた電話の知らせとは。

「第十七話 寸志」
何故か、三男の分だけ消えるようになったお年玉袋。
小六になった三男が自らある事を告げて以降、それは…

「第十八話 家宝」
本家で家宝とされ大事に保管されている、古ぼけた升と棒。
親戚宅に異変が起きれば送られるという、その原因と使用方法とは。

「第二十四話 寝言」
意味不明な音の羅列を繰り返す、夫の寝言。
会話しているかのようなソレを録音し、本人に聞かせたところ…

「第四十一話 閂」
戸の外側に閂が掛けてある、友人宅のトイレ。
使用後に掛け忘れると、途端に…

「第八十四話 お金」
車による事故死でも、現金で解決する事があるというタイ。
恨み言を訴え、加害者の家に現れたその霊さえも…

「第八十七話 歩道橋」
安全な歩道橋を避け、交通量の激しい道を渡るその理由。
車道の事故が多発している理由もまた、同じかもしれない…

九十九怪談 第八夜
九十九怪談 第八夜
posted with amazlet at 15.06.06
木原 浩勝
KADOKAWA/角川書店 (2015-06-02)
売り上げランキング: 1,361

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
スポンサーサイト

九十九怪談 第七夜 著:木原浩勝

2015年06月04日 22:54

新耳袋から続く、新シリーズ第七夜。
前書きも後書きも無く最後の一話を読者に託す、そんな怪異を九十九編。

「第二十話 首吊りの家」
奇妙な首吊りが続き、建築途中のままだった土地。
新しく建てられた家は、妙な間取りになっているという…

「第二十七話 お刺身」
生前の願いを叶えるべく、仏壇に供えられた刺身と酒。
住職の指示により、下げようとするとはっきりと。

「第三十七話 開けると……」
トイレから部屋に戻ろうと開けた襖の先に広がる、真の闇。
二人目も同じ物を見、三人目は違う物を見たと言うがその時部屋の中からは…

「第六十一話 タクシー」
雨の日に拾った客が訴える、車の前にずっと居るという女。
何も見えない運転手が客を降ろした後、気づいたのは。

「第七十三話 お見舞い」
入院中の高齢の祖母に伝えなければいけない、その娘の死。
一族揃っての見舞いに喜ぶ祖母に恐る恐る切り出したところ…

「第八十八話 交番」
とある場所の交番が夜は三人体制にしていた、その理由。
移転後はぴたりと無くなったというその異変とは。

「第八十九話 発報 その一」
動くモノを感知して知らせるセンサーが反応した、深夜のとある部屋。
確認に向かった警備員はある匂いを感じたという。

九十九怪談 第七夜
九十九怪談 第七夜
posted with amazlet at 15.06.04
木原 浩勝
KADOKAWA/角川書店
売り上げランキング: 24,440

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

九十九怪談 第六夜 著:木原浩勝

2015年06月02日 20:20

新耳袋から続く、新シリーズ第六夜。
前書きも後書きも無く最後の一話を読者に託す、そんな怪異を九十九編。

「第三話 淵」
何故か川に沈んだ軟式ボール。
棒でつつき回すうちに浮かび上がってきたソレは、ボールを…

「第八話 海パン」
絶対に川へ行ってはいけないという、祖母の教え。
友人に誘われた段階で察知する祖母が、彼の背中にあるモノをかけたところ…

「第十四話 大か小か」
友人宅のトイレを借りる際に聞かれた、その用途。
男性なら一方でしか使わないソレの決まり事を守らないと…

「第三十三話 着メロ」
山道で聞こえてきた、自分の携帯と同じ着メロ。
掻き分けた草むらの中で見つけた、ストラップまでまったく同じ携帯を拾い上げたところ。

「第四十七話 六回目」
心配停止から実に五回、息を吹き返した老人の訴え。
くっきりと残る電気ショックの跡よりも痛い場所があるという。

「第七十二話 ぬいぐるみ」
時々電話の傍に移動する、亡き祖母手製の編みぐるみ。
その後来る知らせに対し、祖母が言いたかった事とは。

「第八十話 遺言 その一」
「第八十話 遺言 その二」
義母が遺した、誰も読めない一枚の便箋。
住職の勧めに従い、ある方法を取ったところ…

九十九怪談 第六夜
九十九怪談 第六夜
posted with amazlet at 15.06.02
木原 浩勝
角川書店
売り上げランキング: 362,868

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

九十九怪談 第五夜 著:木原浩勝

2012年07月08日 11:26

新耳袋から続く、新シリーズ第五夜。
前書きも後書きも無く最後の一話を読者に託す、そんな怪異を九十九編。


「第七話 会釈」
毎朝道で出逢い、挨拶を交わす間柄だった老人。
数日見かけないことを気にかけ家を窺った彼と、確かに目が合った老人は。

「第三十四話 囲碁」
散々散らかして遊び、そのままにしていた筈の祖父の部屋の碁石。
調子に乗って何度も遊ぶ彼に呆れた祖父は。

「第四十四話 シュア」
部屋をシュアする二人にそれぞれ起こっていた、不可解な事。
彼女が心地よいと思う部屋で、同居人が感じていた事とは。

「第四十七話 レントゲン室」
何度消してもいつの間にかついているという、レントゲン室の明かり。
ならば、と撮影してみたレントゲンに写っていたのは。

「第五十五話 四人」
幼くして父を亡くした彼女がある日、母に引き合わされた見知らぬ男。
共に食事をするうち、男の背後の窓に並ぶ四人に気づいた彼女はその口の動きを真似てみたが…

「第七十二話 骨折」
なかなか学校に通えなかった子役がどうしても出たいと頼み込み、そして起きたプール開きでの事故。
その怪我の為、撮影出来なくなったドラマでの彼の役柄とは。

「第七十八話 金運」
金運が付いており、お金には不自由しないと言われた子供のその後。
就職もせずだらだらとギャンブルで日銭を稼ぐ彼は確かに金に困る事はなかったが。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

九十九怪談 第四夜 著:木原浩勝

2011年07月01日 23:04

新耳袋から続く、新シリーズ第四夜。
あとがきと見せて実は…そんな怪異をここに百編。


「第八話 享年」
整理中の写真の中から出てきた、覚えのない一枚。
見知った背景を背に笑う見知った顔はしかし当人よりも…そしてその裏には。

「第三十三話 注意」
電車での通学中、突如受けた小学生からの厳しい注意。
受け流す事も出来ず、言われたままに行動した彼が見たモノは。

「第四十七話 縁の下」
ある筈の物が無かった、古い農家の縁の下。
明らかに故意に外されたソレを元通りにした家族は、その後。

「第五十一話 新聞紙」
てっきり空き室だと思っていた、隣人の引っ越し。
そう思わせていた原因は、次に…

「第六十六話 「かんにんしてぇや」」
眠ったまま亡くなったおばあちゃんの部屋の天井裏に居た、モノ。
ずっと一緒に居たかったのだろうソレを、降ろそうとすると…

「第七十八話 禁足地」
絶対に入ってはいけないとされる、山の一角。
腕までなら良いと聞き、ならばとそこに置かれた荷物を覗き込んだ時…

「第八十七話 釘」
ある日忽然と赤ん坊の手の中に現れた、古ぼけ錆びついた釘。
神主の助言のままにその釘を刺した場所は、そのひと月後…


九十九怪談 第四夜
九十九怪談 第四夜
posted with amazlet at 11.07.01
木原 浩勝
角川書店(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング: 276

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。