--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

午前0時の恐怖夜話 編:怪奇ゾーン特報班

2010年11月19日 20:45

怪奇現象と謎の追跡を目指すチームによる怪談本、第十三弾。
実話怪談とは呼べない怪異を、ここに三十一編。


「無人の家」
ガスも水道も止まり、もはや債権者は逃げ出したと思われた家。
かすかな物音を聞きつけ、入り込んだ取り立て屋が見たモノは…

「腫れ物」
越したばかりの土地で、公園デビューの機会を窺う母子が避けられるその理由。
その部屋に住む住人には関わりたくはない。特に子供が居るとなると。

「奇妙な依頼」
取り壊し中の家の下からある物を取り出してほしいという、奇妙な依頼。
それは無事見つける事が出来たが、その時既に死んでしまっていた依頼人は…

「闇に響く音」
様々な噂を呼ぶ、壁へ行きあたるだけの地下への階段。
何も知らない女性が聞いた、一定のリズムを刻むその音の正体とは…

「悪夢の顛末」
あまり近づきにはなりたくない奇矯な親戚から、夫婦へ贈られた枕。
物はいいからと早速その日から使い始めた二人が揃って見た悪夢とは。

「深夜にベルが鳴る」
真夜中の不気味ないたずら電話。
着信履歴に残るその相手に文句を言ったばっかりに…

「写ってはいけないもの」
一部しか読めない程擦れてしまった古い石碑。
たまたまなのか、読んでしまったからなのか。その時撮った写真には。


午前0時の恐怖夜話 (青春文庫)

青春出版社
売り上げランキング: 1731293

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
スポンサーサイト

恐怖 暗黒の闇へ誘う28話 編:怪奇ゾーン特報班

2010年11月18日 22:58

怪奇現象と謎の追跡を目指すチームによる怪談本、第十二弾。
実話怪談とは呼べない怪異を、ここに二十八編。


「贄の行方」
新築のまま取り壊される事となったマンションに潜り込んだ若者たちが見たモノ。
マンションが建つ前から祀られていただろう祠と、それを守っていた…

「録音スタジオの怪」
レコード会社を移籍したバンドに掛けられた、死んだ筈の育ての親からのアドバイス。
裏切った彼らでもやっぱり可愛いのだと、美談かと思われたそれは実は。

「猫がいない街」
町長の名により徹底的なまでに野良猫を排除し、街の誰もが逆らおうとしない街。
それは町長が怖いのではなく、もしやその原因となった方が…?

「彷徨う影」
雨の日になると堤防に現れる男の影。
やがて堤防から見つかった遺体は、女子高生の物であったが。

「虫のしらせ」
夫婦の前にふとに現れ、我儘を言う死んだ娘。
その望む物を買い与える為、共に家を出た夫婦が見る事となる恐ろしい光景とは。

「消えない過去」
電車自殺で転がった生首が、たった一言発した望み。
何も考えずただその通りにしてやった子供に対し、その首は。

「丈夫の家」
代々長寿で、八十歳以下で死ぬ方が珍しいという一族の持つ歴史。
大学の研究の為と掘り起こされた、明治時代の土葬された遺体には…


恐怖―暗黒の闇へ誘う28話 (青春文庫)
怪奇ゾーン特報班
青春出版社
売り上げランキング: 1702300

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

恐怖の痕跡 午前0時の遭遇 編:怪奇ゾーン特報班

2010年11月17日 20:14

怪奇現象と謎の追跡を目指すチームによる怪談本、第十一弾。
実話怪談とは呼べない怪異を、ここに二十九編。


「招かれざる者たち」
ダムに沈む予定の村に残された御輿。
もう誰も謂れを知る者が居ないその中には…

「闇からのコール」
いつも同じ時間に掛り、ワンコールで切れる見知らぬ相手。
折り返し掛けた電話は繋がらず、調べて訪ねたその相手は。

「見知らぬ恋人」
一方的に想いを寄せられていた、殆んど面識のない女の事故死。
遺族に詰め寄られ、半ば強引に水杯を交わす事となった男の元にはそれ以来。

「奇禍の石」
草も生えず、生きているモノは寄りつかないその一画。
工事に関わった物を触るだけでは飽き足らず、徐々にその範囲を…

「さまよえる思い」
アパート一階の窓から見た、男女の痴話喧嘩。
やがて激しくなるソレに取り出した携帯は繋がらず、男を刺殺した女は。

「線路に佇むもの」
深夜、線路に佇みじっと俯いている子供。
そこで事故のあった記録は無い。あるのは近所での謎の事件のみ…

「見えざる悪夢」
マンションのベランダに居た、生首。
窓から入ってこようとするその顔は、覚えのある…



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

真夜中の悪夢 編:怪奇ゾーン特報班

2010年11月16日 23:18

怪奇現象と謎の追跡を目指すチームによる怪談本、第十弾。
実話怪談とはとても呼べない怪異を、ここに三十四編。


「呪いの海」
立ち入り禁止には立ち入り禁止にするだけの意味がある。
その日親戚付き合いがあった為、場違いな姿で海へ行く事となった彼は見たモノは。

「背徳の報い」
余所者を受け付けない奇祭を隠し撮りしたビデオに映る、居なかった筈の子供。
カメラを見据えたその子の正体は…

「無言の遺影」
幼い頃に祖父と交わした一つの約束。
祖父はどこまで本気だったのか…孫と二人きりとなった通夜で。

「叔母のビスクドール」
幼い娘を亡くして以来、叔母が大事にしていたという大きな人形。
その身体に宿った娘の魂が告げる、その死の姿は…

「葬儀屋奇譚」
葬儀屋が語る、葬式事情。
死者より恐ろしきはやはり…

「第一通報者」
山道を走っていた男の携帯に届いた、助けを求める男の声。
その先にいた事故車には女しかいなかったが。

「桜の木の下」
花見で酔いつぶれ、仲間に置き去りにされた男に掛けられた暖かい上着。
また意識が遠ざかる中で、男は確かにその声を聴いた…



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

動物霊 真夏の夜の恐怖 編:怪奇ゾーン特報班

2010年11月15日 23:06

怪奇現象と謎の追跡を目指すチームによる怪談本、第九弾。
動物をテーマに、創作だらけの怪異をここに三十四編。


「秘密の墓場」
売れなくなった子犬を捨てていた悪質なブリーダー。
何度捨てに行っても、そこにはいつも何も残っていなかった…

「最期のトリミング」
ショップに預けられたまま一向に迎えが来ない、真っ白なマルチーズ。
よく懐かれているトリマーが、飼い主宅に電話を入れたその時。

「グルメの代償」
誰も知らない美食を求め飛び回っていた男の最期。
ありとあらゆる物を食いつくした彼の身体は…

「ヘビ女が居る」
霊媒師の忠告を無視し、結婚した旧家の跡取り息子。
ヘビと呼ばれたその女は本当にヘビの化身だったのか、それとも。

「蘇った死体」
哀れな姿で死んでいた犬を葬ってやった、優しい親子の元へ現れた犬。
親子には普通の姿に見えたが、あの場に居なかった祖母には。

「老人とウサギ」
孤独な老人がいつも膝に抱き溺愛していた一匹のウサギ。
ウサギの死後もその姿は近隣住人に目撃されていたが、老人が死んだ時その謎が。

「追わせる犬」
営業で外回りする男から荷物を奪い、逃げた白い犬。
追い掛けた男が見たのは、異様な匂いのする中の…



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。