--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京伝説ベストセレクション3 腐った街の怖い話 著:平山夢明

2015年03月13日 19:05

東京伝説シリーズのベストセレクション・第三弾。
選抜された最悪の狂気を五十九編に、新作書下ろしを三編。

「ハロウィン」
派手な夫婦喧嘩を繰り返す隣人の車のトランクからはみ出していた、モノ。
入院したという奥さんはその後、痛々しい姿で帰ってきたが。

「莫迦」
戦時中、大怪我を負ってもなお鼻歌を歌う男が言う「良い薬」
深夜、男がある場所から書き出していたモノとは…

「ヨシコはスイカ」
荒れた生活の末、客の男にスイカのような顔にされてしまった女が出向いた山。
途中で拾ったソレの中身を確認した彼女は。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
スポンサーサイト

東京伝説 ベストセレクション2 錯乱した街の怖い話 著:平山夢明

2011年12月24日 21:10

東京伝説シリーズのベストセレクション・第二弾。
選抜された最悪の狂気を五十四編に、新作書下ろしを二編。


「訪れ」
単独登山を楽しむ女性のテントを訪ねて来たモノ。
消して中には入ってこないソレは、ずっと…

「消失」
高校生にして妊娠したという、友人の告白。
両親への説明、その相手、そして産まれた子供の…



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

東京伝説 堕ちた街の怖い話 著:平山夢明

2010年12月07日 21:41

いまや霊より生きた人間の方が格段に怖い。
静かに確実に沈み逝く、都会の闇の狂気を三十編。


「エアコン」
熱帯夜に何度も止まる、一人暮らしの部屋のエアコン。
燃えるような熱さに目覚め、思わず開けた窓の外には。

「サンドイッチ」
同時期に空きとなった両隣の部屋にそれぞれ入居してきた奇妙な隣人達。
ある日唐突に始まった強烈な電波攻撃の、その訳はおそらく…

「削減」
馬鹿な行動を繰り返し、怪我が絶えなかった小学生。
中学・高校とさらにエスカレートしていった彼は、今。

「山の自販機」
深夜のドライブを楽しんでいた彼が捉えられた、罠。
身動きの取れなくなった彼の元へ、駆けつけてきたのは。

「仕返し」
プライベートで五股を掛けるほど精力あり余っていたAV男優に起きた異変。
付き合っていたうち、一人が仕掛けた静かなる復讐とは。

「メスモウ」
勝ち抜けば借金がチャラになると、債務者たちに告げられた相撲。
それは、二本の針と一本の糸を使った…

「カンナ」
深夜に侵入してきた男に迫られた究極の二択。
彼女が選んだのは、死は避けられるが2cmほど減ってしまう…


東京伝説 堕ちた街の怖い話 (恐怖文庫)
平山 夢明
竹書房
売り上げランキング: 50555

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

東京伝説 ベストセレクション 壊れた街の怖い話 著:平山夢明

2010年12月06日 22:38

東京伝説シリーズのベストセレクション。
選抜された狂気を六十八編に、新作書下ろしを三編。


「露天嫌い」
旅先の旅館で深夜、一人で露天風呂に向かった高校生を出迎えたモノ。
捉え離そうとしないソレは、約束通り彼女には何もしなかったが。

「臭い手紙」
オタクイベントで知り合った、綾波コスプレの女。
彼女から漂っていたその匂いは、逢わなくなった今も時折。

「葉っぱ」
南米を旅行中に知り合った日本人から勧められた"葉っぱ"
突然変異したコカの葉だという、その奇妙なモノを口にした彼はその後…



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

東京伝説 閉ざされた街の怖い話 著:平山夢明

2010年12月05日 18:42

いまや霊より生きた人間の方が格段に怖い。
静かに確実に増殖する、都会の闇の狂気を四十編。


「帰省」
盆や暮れ、記念日等にだけ帰ってくる彼女の"兄"
母が異様に執着する"兄"を父がうっかり壊してしまった時、母もまた。

「記録」
同窓会で掘り出されたタイムカプセルに収められていた、犯罪の記録。
既に時効は過ぎていたが、大人となった彼らには何より重い…

「ぶいちさん」
未だ戦争時代を生きている、徘徊老人。
飢えた記憶からか、いくら食べても満足しない彼が拘束を抜け出し口にしたモノは。

「親子ゲーム」
小学生が編み出した、同級生の親を騙し慌てさせるゲーム。
事故が起きても笑っていたそのリーダーは、その残酷さを自ら経験する事に。

「おすそわけ」
せっせとお菓子を作ってはお裾分けする、いつもニコニコしていた老婆。
近所でも好評なその中に込められていた彼女の妄想は…

「黒飴」
元より食べ物を粗末にできない性質だった義父。
歳を取ってから一層増したその執着が、孫に与えようとしたモノは。

「となりの女」
産後体調を崩した彼女に代わり、度々子供の面倒を見てくれた親切な隣人。
子供に感じた僅かな違和感に、こっそり隣家を覗いてしまった彼女が見たモノは。


竹書房恐怖文庫 東京伝説 閉ざされた街の怖い話 (竹書房文庫)
平山 夢明
竹書房
売り上げランキング: 46788

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。