--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真夜中の恐怖劇場 著:ホラープレス

2010年12月18日 23:33

闇から忍び寄り、日常を脅かす数々の怪。
今もなお被害者に付き纏い苦しめる、そんな怪異を十四編。


「怪奇!死霊たちの集う雀荘の一夜」
負けの込んできた男を背後から覗き込み、その手を取った白髪の老人。
今日で店仕舞いするのだというその雀荘に居たのは…

「亡き婚約者を乗せて走るタクシードライバー」
海外旅行から帰宅した男を待ち受けていた、恋人の事故死の知らせ。
失意のままに仕事を辞めた彼がようやく立ち直り、次に選んだ仕事は運命のイタズラか…

「中古物件の地縛霊に憑依された肉親の行方」
その中古の一軒家に越した途端、変わってしまった父親。
家に異様な執着を見せ、家族すら一歩も立ち入らせない書斎に閉じこもるその姿は。

「ボクシングジムに漂う不成仏霊の恐怖」
夜十時以降は使用を禁じられた、ボクシングジム。
その時間を過ぎた時、現れるのは非業の死を遂げたモノか自らの未来の姿か。

「女教師に付き纏うストーカーの怨霊」
ストーカー行為を繰り返す生徒、そしてやはりストーカーと化した同僚の教師。
生徒が事故死した後、その被害は果たして。

「郷里に戻った男に取り憑いた女霊の正体」
度々目撃される、自分の隣に寄り添っているらしい女。
自殺したと聞かされた、昔捨てた女かと思われたそれは実は。

「恋の成就を遂げた幼い自殺者の霊」
郷里に戻った彼に笑いかける、見知らぬ少女。
それは、彼自身もほとんど忘れてしまっていた小学生時代の…?



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
スポンサーサイト

怖い話 [悪霊の棲む山] 著:ホラープレス

2010年12月18日 19:41

山に生きるモノ、山から離れられないモノ、そして仲間を欲するモノ。
虎視眈々と迷い込む者を待ち受ける…そんな怪異を十五編。


「伐採作業員が果たした最後の約束」
危険だから、と決して入らせてはくれなかった伐採現場。
その日だけは特別だと連れてこられたその場所は、誰一人いない…

「谷川岳をさ迷う先輩の亡霊」
数年ぶりに突然訪ねてきた先輩からの山への誘い。
当日、待ち合わせ場所に現れなかったその彼と山中で出くわしたその瞬間。

「霊場・恐山に籠る戦慄と恐怖」
死者と出会っても呼び止めてはいけないという恐山。
まったく信じていなかった友人は、何をしたというのか。彼女が消えた後…

「父と兄に乗り移った山と湖の悪霊」
親子でキャンプに訪れた小学生が、深夜に聞いてしまった父と兄の恐ろしい相談。
全てはただの夢だったのか。しかし、父達もまた…

「雪原を変幻自在に滑る少女の霊」
美しいシュプールを描き上級者コースを滑り降りてくる、知人に似た女性。
初心者である彼女である筈のない、その姿は現れては消え…

「亡き肉親を探し求める不成仏霊」
山で亡くした妻を探し求める男と、気付いて貰えない妻。
山小屋の管理人は全てを見ていた…実は既に。

「遠鳴りに籠る断末魔の叫び」
時折叫び声が聞こえてくる、山上の工事現場。
誰に聞いても知らないというそれを確かめるべく、山を登った小学生が見たモノは。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

恐怖体験 タクシー・ドライバーは見た! 著:ホラープレス

2010年12月17日 23:36

見知らぬ他人と二人きりで過ごす、密室空間での怪。
どうしても一つ二つはエロを入れたいらしい、そんな怪異を十五編。


「魔の十字路!撥ねられた男の正体」
タクシーで帰路に就いた男の前に、突如飛び出してきた自転車の男。
確かに撥ねたはずのその姿はいくら探してもなく、さらに次の日にも…

「山道に現れた車上の女霊」
隣室から漏れ聞こえる、若者たちの幽霊目撃談。
その場所、その状況。それはどう考えても…

「事故の多発を生む女霊の妖艶な指先」
事故が多発するその場所で、事故に遭いながらも生還したタクシー運転手。
彼がまたその地を目指してしまうその理由は、他の犠牲者と同じなのか。

「女霊の復讐に巻き込まれた男」
まるでドラマのような、浮気に向かう男を追う尾行劇。
相手を殺さんばかりの剣幕だったその女は二度目に会った時…

「無人の豪邸に出入りする浮遊霊」
死んだ後もなお無人の家に帰り続ける男の霊。
その時使うのは、生前金の無心を断られた…

「運転手の肉体を蝕む色情霊」
後部座席での行為を見せつけ、運転手にも誘いの色を見せた女。
再び出会った時、約束を果たそうとした彼はその後。

「タクシーの残骸に憑依した女霊の恐怖」
廃車となったタクシーで遊ぶ子供の前に現れた、いる筈の無い乗客。
血塗れのその客の望みは、子供を捉えて離さず…



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

旅館の怖~い話 著:ホラープレス

2010年12月16日 23:31

何も知らず訪れる、観光客を付け狙う怨霊の数々。
まだ少しエロを引きずる、そんな怪異を十六編。


「異界の魔物に襲われた男」
深夜、足を向けた洞窟内の温泉に居た先客。
スケベ心を出した男に絡みついてきた、女のその顔は…

「泊り客を誘う老夫婦の霊」
覗いた男を金縛りに掛け、痴態を見せつけた女とそれに絡みつく謎の煙。
果たしてそれは…露出好きな夫婦なのか?

「白装束の老婆が取り憑く別荘の怪」
病気療養で滞在した別荘で纏わりつく不気味な老婆の姿。
病気が見せた幻か、それとも…自宅へ帰ってきた今もなお。

「大都会の旅館で遭遇した地縛霊」
就職活動の為に泊まった、安く古ぼけた小さな旅館。
人目を忍ぶように隣室に入った女と、後から来た男との会話はやがて言い争いに発展し…

「一家心中を食い止めた幼き霊」
追い詰められ、死を覚悟した一家が最後に泊まった旅館での夜。
何処からか聞こえてくるその声は、苦しまずに楽になれる世界へと幼い娘を誘っていた。

「民宿の人形に宿る怨霊」
恋人との旅行で訪れたその部屋に飾られていた古い日本人形。
一目で気に入り、旅行中ずっと抱きかかえていた彼女は帰宅後、突然別れを告げ…

「修学旅行に飛んだ亡き友人の魂」
直前になって病気となり、修学旅行を泣く泣く断念したクラスメイト。
どれほどまでに行きたかったのか…彼女は確かに。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

<恐怖体験>性霊に犯された夜 著:ホラープレス

2010年12月15日 23:17

昭和を思わせる表現を駆使したエロ怪談、第二弾。
どの話も同じような反応ばかりの、そんな怪異を十五編。


「亡霊の罠にはまった若妻」
一人暮らしの筈の隣人が出かけた後、その家に灯る明かり。
好奇心旺盛な彼女をずっと狙っていたのか、ある日掛かってきた電話は…

「ベランダで手招きする女」
こっそりと双眼鏡で覗いていた女性の痴態。
いつの間にかこちらを見ていたその女性の手招きに応え、訪ねた部屋には…

「友人を悶絶死させた生霊の恐怖」
恋人を寝取られた男が友人に掛けた、壮絶な呪い。
全てを知った上で受け入れたのか、その友人が遺した手紙には。

「深夜、壁から漏れる性霊の歌声」
薄い壁から漏れ聞こえる美しい歌声に寄せる想い。
差し入れを手に出向いた隣室には老婆しかいなかったが、その夜から…

「女霊に肉体を弄ばれた幼少期の奇怪な体験」
まだ幼く、何も知らない少年を弄んだ妖艶な女の霊。
何も知らないからこそ怯えるだけで済んだが、もしも快楽に溺れる男であれば…

「骨肉の怨霊霊」
結婚した当初から感じていた、夫の兄が寄せてくる感情。
その兄が事故死した後、家を継いだ夫婦の寝室には夜な夜な…

「海に潜む亡き恋人の不成仏霊」
恋人を亡くして以来、沈み込む彼女が友人に誘われ訪れた海。
果たして、彼女の前に現れ激しく求めてきたソレは死んだ恋人だったのか。


〈恐怖体験〉性霊に犯された夜―忍び寄る色情霊の呪い (にちぶん文庫)
ホラープレス
日本文芸社
売り上げランキング: 431420

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。