--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怪幽録 奇の穴 著:小田イ輔

2015年07月05日 22:36

天性の引きを持つという著者による、日常に潜む怪異を四十四編。

「顔」
駐車中の車のフロントガラスに張り付いていた、男の顔。
所有者と思われる女性が近付いた瞬間ソレは消え、そして女性は…

「髪の毛」
白い洗面台に張り付き排水溝へ続く、黒く長い髪。
引いて引いても出てくるソレが切れた、次の瞬間。

「トンネル」
ソレを数えたら呪われる、という噂のトンネル。
一人は運転に集中し、一人は怯えて目を逸らし、一人は数えさえしなければ良いと眺めていたが。

「虫」
初詣の帰り道で見かけ、写真を撮った珍しいバッタ。
その縁起の良さに友人知人に写メを送ったところ、一人から警告を受けたが…

「鉄塔」
何時も居る訳でもなく、何をするでもなくただ山の上の鉄塔に立つ人影。
山登りに長けた祖父に付いて塔を目指してみたところ。

「雪の夜」
屋根の雪を払わぬまま、走り出してしまった車。
フロントガラスに落ちてくる雪に混じり、それは少しずつ…

「何の餌?」
家畜に触れると「餌になりたくない」という叫びが聞こえるという女性。
生肉からは感じないその叫びを、ある女性からも感じたというが…

FKB 怪霊録 奇の穴 (竹書房文庫)
小田イ輔
竹書房
売り上げランキング: 177,096

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
スポンサーサイト

怪談実話 饗宴6 著:平山夢明 他

2015年06月18日 20:37

総勢十三名からなる、怪の饗宴・第六弾。
豪華メンバーが繰り出す至極の怪異を、ここに二十八編。

「捨ててはいけない」
誰から貰ったのかすら覚えていない、引き出しに仕舞い込んだままの土産。
新居に持ち込んだソレを彼女はこっそり捨てようとしたが。

「説法」
ただ近くに座っているだけで、心境に応じた説法が聞こえてくるという寺。
心が落ち着くというその場所へ案内してもらったところ。

「カミソリ」
少しの油断が大怪我へと繋がる、一本刃のカミソリを愛用する男。
骨董市で手に入れたというそれを手に、鏡へ向かうと…

「鼻の芸能界」
女遊びの酷い芸人の鼻に起きた異変。
鼻腔を完全に塞ぎ異臭を放つモノを手術で取り出したところ…

「古着」
着ると高確率で足止めを食らう、兄から譲られたトレンチコート。
かすかに白檀の匂いのするソレを見た、通りががりのホームレスは…

「挨拶」
深夜通りかかると挨拶をしてくるという、ベランダの子供。
夜更かしや虐待の子ではないという、その理由とは。

「謎婆」
年に数日、恐ろしく老け込んだ姿になるという80歳の祖母。
元通りの若々しい姿に戻る日には、必ず…

FKB饗宴6 (竹書房文庫)
FKB饗宴6 (竹書房文庫)
posted with amazlet at 15.06.18
平山 夢明 ほか
竹書房
売り上げランキング: 383,775

著:
平山夢明/黒史郎/黒木あるじ/春日武彦/我妻俊樹/小林玄/間瀬純子/平野勝之/多田遠志
吉村智樹/花房観音/伊計翼/福澤徹三
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

怪・百物語 著:黒木あるじ/黒史郎/我妻俊樹/つくね乱蔵/神薫/花房観音/三留まゆみ/橘百花/泡沫虚唄/吉村智樹/一輝瞬/茶本注太郎/西国ゆう

2015年06月13日 23:12

ベテラン・新人入り混じる、総勢十三名による怪異をここに、百編。

「第十話 手を引いて」
全盲の夫を導き、共に歩いていた妻の急死。
その後も変わらず行動できる男は、そこに妻の存在があるという…

「第十九話 犬を飼う」
中古車を入手後、周りから聞かれるようになった助手席の存在。
複数の証言がある犬ならまだいいが、別の友人が言うには。

「第三十四話 夢が砕け散った家」
古民家を自らの手で改装し、カフェを開くという若夫婦の夢。
密着取材していたTVクルーが見た、その夢を打ち砕いたモノとは。

「第五十話 忌み祭」
喪中の者は神社に入ってはいけないという、村の掟。
デートに胸を弾ませ祭りに出かけた彼の家を襲った不幸とは。

「第六十二話 考えてはいけない」
曰くつきのトンネル入口で見た、蹲る子供の姿。
彼は地面に絵を描いてるのだと思ったが、友人曰く。

「第七十話 首の話・その一」
恋人が泊まりに来ると現れる、女の首。
ある時、恋人もその存在に気づいたが…

「第九十七話 醜女」
騒がしい近隣住人へ向けて書いた、匿名の手紙。
徐々に悦びを覚えるようになったソレを出すべく、家を出た時に見たモノとは…

怪・百物語 (竹書房文庫)
黒木 あるじ
竹書房
売り上げランキング: 326,791

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

実話怪談覚書 水霊魂 著:我妻俊樹

2015年05月30日 19:45

日常に潜む不可解な怪異をここに、四十八編。

「忘年会」
幼少時、家族でよく出かけたボウリング場にあった滝。
いつもその中に居る老人に、ある時少女が近付くのを彼は見ていた…

「痴漢の手」
ギュウギュウの満員電車でお尻に張り付く、何者かの手。
その手首を掴んだ彼女が感じた感触と、見た物とは。

「大晦日」
大学生になり、初めて家族以外と過ごした年越しの瞬間。
一通りの騒ぎの後実家からの電話に気づき、出たところ…

「蛇を見る」
ある物を止めて以来、やたらと見るようになったという蛇。
見える人曰く、彼女の周りには元々あるモノが付いているらしく…

「水中夢」
海中でソレを見るとその後の人生に1つの制限がつくという、奇妙な伝説。
夢を諦めたくない彼女は、その夏のうちに実行に移したが…

「綿」
子供の時よく迷子になったという、彼の記憶。
一度も手を離さなかった筈の親といつの間にか入れ替わっていた人達には、ある共通点があった…

「切り株」
邪魔な位置にあり、首吊りが多発する木を切らずにいる社長の思惑。
離れても解る異臭を放つ彼のその後とは。

FKB 実話怪談覚書 水霊魂 (竹書房文庫)
我妻 俊樹
竹書房
売り上げランキング: 255,556

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

異界ドキュメント 白昼の囚 著:高橋ヨシキ

2015年05月14日 21:26

「冷たい熱帯魚」の脚本家が綴る、実話怪談。
どこまでが現実か、あいまいな狂気を十六編。

「カーテン」
指示通り仕事をこなす家事代行が聞いた、奇妙な電話。
留守電のまま出ない彼女に対し語りかけるその内容を、家主に伝えたところ…

「フゴフゴ」
隣家から聞こえる、虐待と思われる声や物音。
窓から鏡を使って見たその光景と、通報できない理由とは。

「グローリア」
気ままな旅を続ける男が誘われるまま泊まった、牧師と名乗る男の家。
数人の信者が暮らすその家で、深夜彼が見た光景とは。

「クマ」
両親が揃って事故死した後、連れて行かれた「合宿場」の大きな動くぬいぐるみ。
「合宿場」を出るその日、彼女はぬいぐるみにすがりつき眼のボタンを引きちぎったが。

「グッバイ」
ある日からパタリと登校してこなくなったクラスメイト。
空き家にしか見えない家の戸の隙間からプリントを投げ込み振り向いた、友の前に居た彼は。

「キイロ」
両親の不在時に現れた、母の妹と名乗る女によって連れて行かれた奇妙な家。
隙を見て逃げ出した彼女は車に撥ねられる事となったが、病院で眼が覚めた時。

「ボウリング」
廃墟で出会い、少し遊んだ小さな犬。
帰ろうとする彼らを追い抜き外へ走り出した犬は、その直後。

FKB 異界ドキュメント 白昼の囚 (竹書房文庫)
高橋 ヨシキ
竹書房
売り上げランキング: 113,964

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。