--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

異聞フラグメント 悪霊 著:松村進吉

2012年01月29日 22:11

平山夢明監修の異聞フラグメント・第二弾。
そこかしこに潜み隙あらばにじり寄る、そんな怪異を三十一編。


「ある通夜」
幼い姉妹が母に告げた、風呂場に居るという曾祖母からの言伝。
いくら説明しても「居る」と言い張る風呂場には…

「鳴り瓦」
どれほど調べても原因が解らない、平屋の異変。
果たして関係があるのか、以前その地に建っていた二階建ての家のその位置で。

「三畳間」
家を改築する為移り住んだ古い一軒家で、やたらと失くした小物類。
引き払うその日、纏めて出てきたそれらの傍には…

「トマレ」
オカルト系ドキュメンタリーの撮影スタッフの車を制止する、鋭い声。
助けてくれたのか巻き込まれたくなかったのか、その声の主とは。

「強い写真」
事故現場へ出かけ撮影した写真を競わせるという、男の趣味。
「強い」写真にどんどん現れる現象とは…

「発祥」
不幸で悲惨な事故に遭遇した後、転職した警備員の耳に届いた怪談話。
出るというその状況を、詳しく聞けばそれは。

「悪霊」
住人が三代続けて首を吊ったのち廃墟となった、山中の一軒家を訪れた若者達の怪異体験。
その話を話す者聞いた者、取材した者、そして著者に起こっているという異変とは…


異聞フラグメント 悪霊 (恐怖文庫)
松村 進吉
竹書房
売り上げランキング: 1874

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
スポンサーサイト

異聞フラグメント 切断 著:松村進吉

2010年12月25日 20:02

平山夢明監修のFKBシリーズ・第三弾。
一つ一つは小さく気づかない欠片に少しずつ侵食される怪異を、ここに二十九編。


「ピンポンダッシュ」
夜中に鳴らされる、玄関のチャイム。
ドアを開けても誰も居ず見張っている時は来ないソレが、取り付けたカメラに映った時。

「黒い部屋」
夜逃げされた、と思われた住人の消えた部屋。
内側からカギが壊されたその部屋は黒く染まり、さらにその下に。

「ふたりの逢瀬」
部屋に誰か…元恋人が侵入しているかもしれないという、疑惑。
こっそりと仕掛けたビデオカメラに映っていたのは、誰がどう見ても。

「フラグメント 乙」
三人の女性が、それぞれ体験した怪異。
時期も場所も内容も全く異なるそれの、共通点はただ一つ。

「威嚇」
心霊スポットに潜入した四人のうち、彼女にだけ見えたモノ。
彼女を見据え威嚇してきたそれは、本来なら縁起物の筈の。

「妙な客」
間取り図だけを見て、それに隣接するモノを言い当てた女性。
その去り際に次々と指摘した物件は…

「消耗品」
「出る」事を承知の上で住み始めた、部屋。
サービスだという不動産屋に貰った大量のそれは、次から次へと。


異聞フラグメント 切断 (仮) (恐怖文庫)
松村 進吉
竹書房
売り上げランキング: 1180

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。