--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当にあった超怪奇体験 夏の悪夢篇 著:秋本あまん

2011年01月06日 22:54

著者をも巻き込む異変の数々。
読者の元にも来てしまうかもしれない…そんな怪異を二十編とミニコラムを三編


「住人を救った霊」
深夜というよりむしろ早朝に近い時間に人を叩き起こし、逃げた男。
男が消えたその場所に漂っていた臭いは、腐臭よりも恐ろしい現実の。

「真っ赤なタオル 一」
「真っ赤なタオル 二」

まさに目の前で起きた、悲惨な事故の一部始終を見てしまった男。
思わず成仏を祈ってしまったのが悪かったのか、その後しばらく…

「海で見たもの 一」
「海で見たもの 二」

この手の話はありえないと、著者に反論するという彼。
しかし何故か怖い目には遭うようで…それでも信じない?

「お守り」
知り合いの遠縁のものだという借家に、隠されるように置かれていたモノ。
退けようとするたびに邪魔が入るソレは、大事にしてれば何も起きない…?

「一人歩きする怨念」
皆の憧れの講師と、抜け駆けするような形で恋人となった一人の生徒。
彼女は上手く隠していたつもりだった。別の生徒もまた、隠せているつもりだった。

「霊がカウンセラー」
自宅に現れた見知らぬ、しかし何故か恐怖を感じない男の霊。
思わず話してしまった悩み事がその後解消されたのは、果たして偶然なのか…

「バチ当たるでっ!」
決して足を踏み入れてはいけないと、厳しく言いつけられていた中庭の一角。
真っ白な砂利が敷き詰められたソコに小さな足跡が付いた時、大人達は。


本当にあった超怪奇体験―夏の悪夢篇 (ワニ文庫)
秋本 あまん
ベストセラーズ
売り上げランキング: 1579596

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
スポンサーサイト

本当にあった超怪奇体験 恐怖夜話篇 著:秋本あまん

2011年01月05日 23:09

成仏できない、時にはしたくない霊達からのメッセージ。
出来れば受け取りたくはない、そんな怪異を二十一編とミニコラムを五編。


「恐怖の夢見岩」
「昼寝石」と呼ばれ、登山客が一休みするのに丁度よい岩。
しかし眠ってしまうと必ず悪夢を見るという、その岩の正式名称は。

「窓から出た黒い手」
霊感が強いシャーナリストが取材する事となった悲惨な母子心中事件。
その地に向かう電車の中から既に始まっていた、彼を出迎えるモノは。

「家を訪ねて回る霊」
心霊写真、と思われるモノを撮れた墓地での肝試し。
その後各人の家に訪れた女は果たして写真の彼女だったのか、それとも。

「異界の彼女からのコール」
恋人の元彼女からの、度重なる無言電話。
それは元彼女の事故死後も続けられたが、真の恐怖はそれではなく。

「たたりもっけ」
山陰地方の言葉で「たたりもっけのいる」と言われた伯母が営む下宿屋。
借りた住人が次から次へと異変に襲われる、その部屋から出てきたモノは。

「場所に憑く霊 一」
スナックの片隅にいつも居る、男の霊。
何をする訳でもなく、ただ壁の絵を眺めているだけの彼の正体を誰も知らない…

「場所に憑く霊 二」
カメラマンがよく調べもせずに借りた、仕事部屋。
娘が決して近づこうとしないその部屋で現像した印画紙に浮かび上がったモノは。


本当にあったマル超怪奇体験―恐怖夜話篇 (ワニ文庫)
秋本 あまん
ベストセラーズ
売り上げランキング: 1545713

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

本当にあった超怪奇体験 著:秋本あまん

2011年01月04日 20:53

異次元から届く、人成らざるモノのメッセージ。
たまたま波長があってしまったが為に…そんな怪異を十七編とミニコラムを五編。


「ジャンボ機の窓から見た光景」
一年中気候が悪いとされるその土地を飛行中、機体を襲った激しい揺れと衝撃。
ずっと窓の外を見ていた彼らは、それが雷の所為などではないことを知っていた。

「海中の小さな足」
沖縄でいろんなものに懐かれてしまったらしい旅行ライター。
水中から海面を見上げ撮影したその写真には、居るバスの無い小さな…

「看護婦を育てる霊」
出産後、仕事に復帰した彼女を強烈な形で出迎えた老人の霊。
新しい人が来ると出るというそれに勝てる者だけが職場に残るという…

「跨る男」
自己流でヨガを続けるうち、やたらと眠くなりしかも変な夢ばかり見るようになった彼女。
何かが開いてしまったのか、夢ではなかった圧し掛かるそれは。

「ベッドに入ってきた霊」
雪の中に落としてしまったピアスを拾ってくれた親切な、しかし奇妙な姿の男。
振り切った筈のその男は、深夜ホテルの部屋の中にまで。

「部屋を飛ぶ肉塊」
家賃の安さだけで決めてしまった、アパートの一室に時折漂う腐臭。
遊びに来た友人が次々と体調を崩すその理由は、押し入れに隠されていた不気味な染みによるものか。

「大きなお世話」
ドアに張り付いたまま身動きも出来ない状況で、人身事故の為止まってしまった満員電車。
まさに眼下に居た犠牲者につい情けを掛けたのがいけなかったのか。


本当にあった超怪奇体験―恐怖空間へようこそ… (ワニ文庫)
秋本 あまん
ベストセラーズ
売り上げランキング: 1394918

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。