--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

背筋の凍る話 PART4 著:桜金造

2011年01月18日 23:05

怪談の語り手・桜金造が繰り出す怖い話、第四弾。
都市伝説風味になりつつある…そんな怪異を十二編。


「カメの甲羅」
子供が持つ残酷さで、惨たらしい方法でカメを殺したガキ大将。
大人になった彼は覚えてはいないかも知れない。しかし、カメは。

「ハト」
いじめっ子に台紙に勝っていたハトを殺された、大人しく真面目な小学生。
その日から行方知れずとなった彼が見つかったその場所と、その間起こっていた事とは…

「サッカー少年」
決してサッカーが上手くはなかった、小柄な少年。
コーチの教えを真剣に聞き、練習に励もうとした彼の前に現れたのは。

「頭を洗わない男」
清潔感が大切な美容師にも関わらず自らの頭を洗わない、洗えない男。
見かねた同業の友人が洗った、その日から彼は。

「思い込みの激しい男」
強盗に追われた男が逃げ込んだのは、業務用の冷凍庫の中だった。
腹いせにドアを塞がれ、翌朝変わり果てた姿で見つかった男の死因は凍死。だが…

「隣人の声」
浪人生を悩ませる、隣家から漏れ聞こえる女性の声。
ついにベランダの仕切りを飛び越え、覗いてしまった彼が見たモノは。

「ヒロシマの子」
臨終の際に母が遺したという、謎の言葉。
その意はなんだったのか、もう誰にも解らない…


背筋の凍る話〈PART4〉 (リイド文庫―ETシリーズ)
桜 金造
リイド社
売り上げランキング: 1010208

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
スポンサーサイト

背筋の凍る話 PART3 著:桜金造

2011年01月17日 23:26

怪談の語り手・桜金造が繰り出す怖い話、第三弾。
流石にちょっとネタ切れか。人の体験談が多めの怪異を十二編。


「臨海学校」
途中で具合が悪くなり、運び込まれた病院で急死してしまったクラスメイト。
終わるまではと教師が伏せていた為、級友達は誰も知らなかった。知らないからこそ。

「キャンプ」
混み合ったキャンプ場を避け、人気のない場所へテントを張った家族が過ごした長い一夜。
ずっとテントの周りに居たソレは、犬のようでいて決して犬ではない証拠に…

「貧乏神はいる」
味も雰囲気も良く値段も決して高くはないのに何故か客が入らない、その店。
ある日ふらりと現れた客が追いやったというそれは、今度は近所の別の店に?

「メル友にご用心」
ある日届いた見知らぬ女性からのメール。
何度かメールを交わすうち、逢う約束を取り交わした彼が呼び出されたその場所は。

「きんさんの霊」
揃って100歳を超えた、めでたい双子のきんさんぎんさん。
きんさんが亡くして以来、体調を崩していたぎんさんを見舞った著者は見た。

「犬」
捨てた犬が事故に遭い死んでいたのを見て以来の身体の不調。
バチが当たったのかと悔やむその前に現れ、そして消えた犬が伝えたかった事とは。

「ティシュ配り」
必死に縋り付いてくる女性から手渡された、ティッシュ。
その中にあったモノは、今も浮かばれない彼女の想いなのか。受け取ってしまった彼は今。


背筋の凍る話〈part 3〉 (リイド文庫―ETシリーズ)
桜 金造
リイド社
売り上げランキング: 1020718

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

背筋の凍る話 PART2 著:桜金造

2011年01月16日 22:44

怪談の語り手・桜金造が繰り出す怖い話、第二弾。
当人の体験だからこそ話せる事がある。そんな怪異を九編。


「テレビの中に住む男」
格安で手に入れた中古テレビに映りこむ、男の姿。
特に何をする訳でもなく、しかし自ら電源を切るその男は一体何者だったのか。

「建物は見ている」
何故か、異様に回転率のいいマンションの部屋。
決して瑕疵物件ではない、その部屋から見えるモノは。

「一家心中」
他県に引っ越していった友からの誘いの電話。
両親は旅行中だという、その新築の家で起こっていた異変とは。

「喪服の女性」
ドラマのワンシーンに紛れ込んでいたという喪服の女性。
助監督だけが見たその姿は、フイルムには残っていないが…

「指」
ADの前に現れた、指だけの存在。
果たしてそれが導いたのか、不思議な縁で知り合い出逢った女性には。

「お岩さんのたたり」
「四谷怪談」を題材にする時はお参りが欠かせないとされるお岩さんの墓。
たまたま幽霊メイクが似てしまった、それだけでも?

「にっかつ撮影所」
スタッフの奥さんが撮影所で見たという、にっかつの大物俳優。
何も知らない彼女が話すその姿は、確かに。


背筋の凍る話〈PART2〉 (リイド文庫―ETシリーズ)
桜 金造
リイド社
売り上げランキング: 816116

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

背筋の凍る話 著:桜金造

2011年01月15日 17:55

コメディアンであり俳優でもある怪談の語り手・桜金造が語る怖い話。
その殆どが当人の体験談である、そんな怪異を十一編。


「土色の異様な物体」
坂道のガードレールの上にちょこんと載っていた、ソレ。
別の日に見た時、ソレは女性の自転車のカゴの中に収まっていたが。

「日本海」
ホテルの部屋に入ったその瞬間に目に入ったモノ。
海に面したその窓から見えるのは、当然海ではあったが…

「別れた理由」
著者が若い頃付き合っていた、女性との破局理由。
二人とも悪くはない、ただ二人で居ると…

「黄色い車」
たまたま通りかかった瞬間から無性に欲しくなってしまった黄色の中古車。
それ以来次々と起こった異変や怪異には、二つの共通点が。

「ネプチューン」
ブレイク前のネプチューンが出遭った、ちょっとした出来事。
しっかりとVTRにも映っていたそれは、彼らを励ますかのように。

「『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで』の収録にて」
番組の企画で行われた肝試しロケ。
現場へと向かう、そのバスに乗り込んだ時から既にココリコ田中の様子は異常であった…

「弟の話」
著者の弟が小学生の時に見たという、祖父の姿。
弟が赤ん坊のころに亡くなり、知る筈の無いその様子をごく当たり前のように…


背筋の凍る話 (リイド文庫―ETシリーズ)
桜 金造
リイド社
売り上げランキング: 672903

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。