--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わたしの怖い体験 2 監修・解説:つのだじろう

2011年01月27日 23:32

つのだ氏の解説により一般投稿をすっぱり切る、怪談本第二弾。
前作ほどは創作臭くない怪異を三十編と、自身の体験談を漫画で一編。


「怨念が残る助手席」
友人が買った中古車に乗る度に見る、血塗れの老人の夢。
本当にディーラーの説明通りの事故なのか…彼が訴えてくる内容は。

「逆らえない運命」
六十歳の誕生日を迎え、何故か沈み込む祖母。
その家に産まれた者だけでなく、嫁いだ者までもが逃れられないという秘密とは。

「霊が呼び寄せる!!」
小学校の臨海学校で来て以来、久々に訪れた海で彼を出迎えたモノ。
それは彼自身忘れてしまっていた級友だったのか、それともただの。

「浮き出るシミ」
ようやく手に入れたマイホームの壁に浮き出る不気味なシミ。
何度落としてもまた現れるそのシミは、今のところは何も起きてはいないが…

「赤ネコが走った」
出かける筈だった予定が狂い、徹夜で仕事をする著者が感じた小さな異変。
もしも出かけていたら…しかし不思議な事はそれだけではなかった。

「おじいちゃんからの警告」
産まれたばかりの赤ん坊の足を撫でまわす、男の霊。
それは母親をとても可愛がっていた祖父だったのか…赤ん坊の足には。

「おじいちゃんの声が……」
車の前へ飛び出しかけた孫を制止した、祖父の声。
よくある話かと思いきや、実はその時。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
スポンサーサイト

わたしの怖い体験 監修・解説:つのだじろう

2011年01月26日 23:34

一般から寄せられた「怖い体験」をつのだ氏が解説した本。
嘘は嘘ときっぱり言い放つ、そんな怪異を二十六編と"虫の知らせ"を描いた漫画を一編。


「呪われた中古車」
お目当てだった掘り出し物は既に売れ、代わりにと見せられたのはありえない安さの外車。
友人が買ったその車でドライブに出かけた彼らが見たモノは…。

「百物語を聞いて」
合宿所近くの池を取り入れ、それらしく作った作り話…の筈だった怪談話。
先輩たちに命じられ、池へ出かける事となった後輩たちが出遭ってしまったモノとは。

「夢の中で」
合宿が行われたその地は、いつも夢に見ていた場所そのものだった。
夢の中で自分に警告を与えていた見知らぬ少女は、現実の世界でも彼女を…

「おばあちゃん…」
高熱を出し寝込む孫娘に水を与えてくれた、優しい祖母。
それは夢か幻覚か…しかし確かに彼女は。

「となりの部屋」
ホテルの壁から現れた、血塗れの女。
助けを求めるでもなく恨み言を言うでもない、彼女が求めていたモノは。

「真夜中のエレベーター」
深夜のビルで清掃作業をする彼女の担当階は、五階から九階。
誘っているのか何かを運んでいるのか、その階の間だけを…

「病室に遊びに来る友達」
原因不明の病気の為、入院する事となった幼い妹。
完全看護制の為家族と離され、さぞかしさびしがってるだろうと思われた妹は。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。