--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病院の怖~い話2 編:ホラークラブ

2011年02月11日 20:42

生と死が隣り合う現場だからこそ起こりうる奇怪な現象。
それは魂か恨か寒か、そんな怪異を二十五編。


「恋人を迎えにきた幽霊」
ある日病院を訪れた女性が告げた、在籍しない医師の名前。
そんな事も忘れた頃赴任してきたその名の医師には、ある噂が。

「木造病棟をさまよう血まみれの手」
改築を繰り返した結果、古い施設と新しい施設が混在するその病院。
古い病棟で看護師に縋ってきたその手は、ずっとそこに置かれたままの。

「金縛りに苦しんだ夜」
骨折で入院中していた高校生を深夜襲った恐ろしいモノ。
ただの悪夢ではなかったその証拠は、ギプスの中に…

「亡くなったナースが現れる自動販売機」
ミスを悔やみ続けたまま、交通事故で亡くなってしまった若い看護師。
落ち込む事がある度彼女が佇んでいたその場所には、今も…

「不気味な顔が夜毎浮かび上がる病室」
目の手術を終えたばかりの彼女の病室を毎夜訪れる、同じ匂いを伴う誰か。
包帯が取れた夜についに見た、好き勝手していたモノの正体は。

「誰もいないはずの病院でナースが笑う」
つぶれた病院に潜り込んだ若者達を出迎えた、にこやかに笑う看護師。
笑い続ける彼女が勧めるソレに、乗せられていたらどうなっていたというのか。

「退院の挨拶に来る死者の霊」
深夜、突如病室に挨拶にやってきた見知らぬ女性。
同室の患者も殆ど知らない彼女がわざわざ来た、その理由は…



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
スポンサーサイト

病院の怖~い話 編:ホラークラブ

2011年02月10日 23:42

医師や看護師、入院患者たちが病院で遭遇してしまった恐怖の記録。
そこにあるのは恨みか妬みか嫉みか、そんな怪異を三十編。


「手遅れだった妊婦の恨み」
緊急搬送されてきた、一刻を争う様子が見て取れる妊婦。
いくら呼んでも現れなかった当直の医師とその原因となった看護師は、その後。

「特別室で死んだ老女」
有名人や金持ちが入るとされる、ホテル並みの施設が揃う特別病室。
しかしその部屋に入った者は生きて出られないという噂があった…

「屋上を歩き回る不気味な足音」
病院の屋上を隅から隅まで歩き回る、重く不気味な足音。
恐怖に耐え、いよいよ明日転院となるその夜を狙ったかのように現れたのは。

「病室にやってきた溺死者」
海の監視員のバイト中に遭遇した、溺死事故。
人口呼吸により一度は息を吹き返した彼女は、彼に何を思ったのか。

「恐怖の動物実験室」
やむを得ない状況の為、実験用へ回されたという医師の飼い犬。
ある日現れた医師の息子とその犬は、鍵のかかっていた筈の檻とドアをすり抜け…

「廃墟になった動物病院にうずくまる犬」
廃墟探検に繰り出した若者たちを、暗闇の中出迎えた大量の犬や猫。
なかなか点かなかった懐中電灯がようやく点いた時、そこに居たのは。

「自殺した医師の奇怪な遺書」
突如行方をくらました医師が、自ら病院へ届けに来た遺書。
その奇怪な内容と、その後医師が発見された状況とは。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。