--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本全国おばけマップ 編:おばけ友の会

2011年02月23日 23:05

北は北海道から南は沖縄まで、全国の心霊スポットをかき集めた怪談本。
一頁にネタ一つの上その半分が挿絵の為、あっさりした怪異をここに百七十編。


「道路に転がり落ちる、女の生首が、何度も交通事故を巻き起こす恐怖」
三度に渡り車の前に転がり出て、事故を誘った女の生首。
そこに棲みついているものなのか、それとも彼を狙っているのか…

「恐山から飛んできた人魂がぶつかってできた、「幽霊の血が残る壁」」
恐山の円通寺にある、べっとりと血の跡が残る壁。
何度塗り直しても浮かび上がってくるというその血は、恐山からの…

「一度、入ったら出られない、死霊の招く「魔の森」の恐怖」
迷い込むと二度と出られなくなるとも言われる大菩薩峠の森。
仲間とはぐれ、十四日間もの間遭難する事となったカメラマンが見たものとは。

「雨の日に特に多く表れる、疫病を人に起こす謎の「悪路神の火」」
その地で「悪路神の火」と呼ばれる謎の火の玉。
ふらふらと彷徨うその日に出遭ってしまった者は、必ず…

「火葬場で、幽霊を目撃した!この事実は、多くの人が知っている」
目撃情報が相次ぐ、徳島のとある火葬場。
特に祟りや障りは無いとされるが、その日現れた二人はまさに前日。

「幽霊の像に向かって悪口を言うと、原因不明の病気にかかり、寝たきりに……」
長崎の岩源寺にあるという、女の幽霊の彫刻。
きちんと拝みもせず、その感想を口にした男はその後。

「謎の神隠しで身どもがいなくなった!奇跡的にみつけられたが……」
忽然と姿を消した子供が発見された場所は、とても人が立ち入れるような場所ではなかった。
彼女は数日間何をしていたというのか、そのお腹には。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。