--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宗優子のテレビの中で起きた怖い話 著:宗優子

2011年03月03日 23:17

テレビや雑誌などで活躍する霊能者自らが語る体験記、第二弾。
バラエティ番組ロケでの除霊話など、十七編の怪異と心霊写真を多数収録。


「死を招く手術台 廃病院ロケの怪奇」
とんねるずと共に訪れた、不気味な噂漂う廃病院。
囃し立てる声と制止する声は、中を進む木梨氏の元へは…

「ロケ中止! 女性レポーターを襲った異変」
八王子城跡へのロケに向かう霊能師を出迎えた、数々の霊の姿。
カメラとレポーターを襲った異変は~れからの警告だったのか。

「スラれた母親とスッた男の母親」
今は真面目に暮らしているという、元スリの男。
彼が更生した切っ掛けは、ある日カモにした親子連れに見た顔だった。

「呪われた靴 赤いハイヒール」
フリーマーケットで手に入れた、新品のハイヒール。
転んだ隙に高く飛んで行ったその靴を、手にした不気味な女とは…

「見えてしまう! 美人霊能師の悲劇」
霊能師として働きながらも、家庭を最優先にしてきた筈の女性。
しかし悲しいかな彼女が夫の背後に見てしまったのは…

「TVとビデオ 心霊トンネル再訪」
TV的に美味しい、霊能師の派手な悲鳴。
大喜びするディレクターは、何も知らず何も見えてないが…

「通夜の営まれた寺の石段の途中」
寺へ向かう石段の途中に立ち、弔問客を出迎えていた死んだ男。
一人一人に頭を下げていたその様子が一変した、ただ一人の相手とは。


宗優子のテレビの中で起きた怖い話 (竹書房文庫)
宗 優子
竹書房
売り上げランキング: 671938

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
スポンサーサイト

宗優子のテレビに出せない本当の怖い話 著:宗優子

2011年03月02日 23:21

心霊写真の鑑定家として知られる著者による体験談。
自らが除霊した話など、十七編の怪異と心霊写真を多数収録。


「除霊!自殺者の霊を部屋から追い払う」
不動産屋と共に訪れる客を、ことごとく拒むその空間。
いくら直しても開きにくくなるというそのドアを開けた時、著者は見ていた…

「菩提寺へ葬式の相談に来た男」
葬式の手順やその費用などを事細かに質問し、そして満足して去った檀家の男。
その後姿を見送った、まさに直後かかってきた電話とは。

「豹変した夫と前妻の生霊」
前妻の浮気が原因で離婚したという男との結婚生活。
優しかった夫が突如変貌した切っ掛けは、彼女が妊娠した事だったが…

「首吊り用の縄を貸す霊能師」
著者の大叔母もまた、力と人望のある霊能師だった。
もう死ぬしかないと相談に来た相手に差し出した物と、掛けた言葉とは。

「ドッペルゲンガーの現れる部屋」
自殺未遂をした女性が引き払って以来、入居者の入れ替わりが激しくなったその部屋。
回復後性格が変わってしまったといわれる彼女の心は、今もそこに居るというのか。

「心霊写真が予知したアクシデント」
墓参りで撮った写真に写り込んだ水を思わせる何か。
それは先祖からの警告だったのか、著者の息子を襲ったアクシデントと彼を救ったソレは。

「骨が痛いと訴える女性」
医者や整体にいくら通っても原因すら解らず、最後に著者の元を訪れた一人の女性。
意外に多いのだという、著者が見たその原因とは…


宗優子のテレビに出せない本当の怖い話 (竹書房文庫)
宗 優子
竹書房
売り上げランキング: 1185818

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。