--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世にも怪奇なミステリー<3> 編:超科学研究会

2011年03月09日 23:30

世界中で語り継がれる、解き明かされないままの謎を集めた怪集第三弾。
不可思議で不可解、そしてちょっと胡散臭い。そんな怪異を八十六編。


「フラニング船長の心にひびいた虫の知らせ」
眠っていた筈なのに、何故か気がつけば甲板にいた船長。
繰り返す事三度、彼が下した決断とその結果とは。

「孫の顔を見にやって来た霊」
出産を終えたばかりのその身を気遣い、彼女には知らされなかった父親の死。
しかし彼女は知っていた。何故なら父親はその日のうちに。

「消えてしまった井戸の死体」
井戸に死体を投げ込んでから、二年後に自首した男。
いくら探しても出てこなかった死体が突如現れた、その場所と様子を聞いた男もまた。

「超能力をもった馬」
大々的な捜索にもかかわらず行方不明のままの少年を探し出す為、最後に縋った馬の存在。
鼻先で文字板を指すというその馬が綴った文章は、当初誰も信じなかったが…

「グリーンランドの氷づけの怪物」
ある日、記者クラブに送り付けられてきた一枚の怪物の写真。
現地に出向いた二人の男は確かにその怪物を確認したが、記事にされる事はなく怪物もまた…

「二十二人が巻き込まれた必死のサバイバル・ゲーム」
一度の航海で四度も遭難しながらも、一人の死者も出すことのなかった水夫達。
最後に助けられた船には、もう一つの奇跡が待ち受けていたという…

「不思議な力に救われた渡辺えり子さん」
ナポリタンが食べたくて入った店なのに、何故か注文してしまったのは別の品。
何度言い直そうとしても出てこなかった"ナポリタン"を食べた友人達は。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
スポンサーサイト

世にも怪奇なミステリー<2> 編:超科学研究会

2011年03月08日 23:23

世界中で語り継がれる、解き明かされないままの謎を集めた怪集第二弾。
人知の及ばない何かがそこにはある…そんな怪異を八十六編。


「謎のイタリア国王の死」
ある日国王が出逢った、自らと瓜二つの男。
生まれた日も家族構成も、人生の節目までもが似通っていた彼らはその最期までも。

「まったくの偶然がもたらした奇跡」
小さな樽に詰められ海を流れてきた救助を乞う一通の手紙。
駆けつけた海軍により無事助けられた男はしかし、手紙など出していないという。

「時空を超える"夢"」
自分が乗る予定だった船が沈没する、不吉な夢。
一度ならず二度までも見た結果、キャンセルする事となったその船の名は。

「夢に現れた謎の牧師」
肖像画を得意とする画家の夢に現れた、穏やかに微笑む謎の老人。
ただ一度だけ見た彼を描きあげたその絵に対する、近隣住人の反応とは。

「死体が生き返って犯人を教えた!」
殺された死体に犯人が触れると死者が蘇る、そんな迷信がまだ生きていた時代。
決定的な証拠に欠き、苦戦していた検察官は最後の手段として…

「突然、男の姿が消えていく」
妻子と来客の目の前で、突如消えてしまった一人の男。
数日後その地点に現れた不思議なモノに向かい、子供達が父を呼んだ時。

「旅する棺おけ」
不幸にも旅先で病に倒れ、その地の墓地に埋葬された男。
やがて巨大なハリケーンにより流れ出たその棺は、八年もの間海を漂い…



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

世にも怪奇なミステリー 編:超科学研究会

2011年03月07日 23:28

未だ解けない、世界中に点在する謎の数々。
恐ろしいモノ不思議なモノ怨念渦巻くものまで、そんな怪異を九十九編。


「世界でもっとも呪われた自動車」
度重なる事故や事件の主役となり、次々と死者を生み出す呪われた車。
その都度修理され、持ち主を変えて走り続けた車の最期とは。

「「鬼の首」の祟り」
岐阜県のある寺にあるという「鬼の首」
住職の忠告を聞かず、取材の為写真を撮った漫画家とスタッフの身にはその後。

「小田急に現れる三姉妹」
ある踏切に現れる、三姉妹の姿。
最初は二人だったという彼女達は、十二年も経ってから妹を。

「母の危機を救った千里眼」
外を歩いていた子供が不意に見た、母親の危機。
ただの白昼夢ではない証拠に、医師と駆けつけた家ではまさに。

「神に助けられた聖歌隊」
敬謙なクリスチャンである聖歌隊が"たまたま"遅刻したその夜。
教会で起きた大事故に誰一人として居合わせなかったのは、ただの偶然だというのだろうか。

「あの世に行く日を予言した住職」
自らの死期を悟り、世話になった人達を一堂に集めた寺の住職。
別れの挨拶を終え読経を終え、深々と頭を下げた彼はそのまま二度と。

「二度死んだ男の謎」
車で川に転落した後姿を消し、一度はホテルに戻りながらも再び行方をくらました男。
果たしてホテルマンが見たのは生きた彼なのか霊なのか、最後に彼が見つかったのは。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。