--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

異界紀行 著:月嶋つぐ美/上杉かや

2012年02月07日 21:28

霊的なものを見た時感じた時、無機質の硝子のような眼になる上杉かやの体験談・第四弾。
破壊された自然や、古都等で彼女が遭遇した物とは…そんな怪異をここに六編。


「山之脅威」
親戚夫婦と出かけた旅行先に満ちていた、"山の気"
開発が進みすっかり開けたその場で彼女と親戚が感じたモノとは…

「鎮守之杜」
夜目が聞かない彼女が京都のとある杜で見た「闇」と「光」
もしも出るのが遅れていたらどうなっていたというのか、その空間は。

「異界紀行 ~奈良編~」
とある王族のを鎮める為に建てられたと思われる寺。
既に寺は無く小さなお堂と石碑があるだけのその場にいたモノとは。

「異界紀行 ~新潟編~」
上越に向かう電車内で何故か彼女の隣に現れた武将。
その存在は霊感が無い筈の月嶋氏にも見えたという…

「御犬御縁」
彼女の実家で飼われている二匹の犬との不思議な縁。
犬嫌いの家族が多く、それまで一度も飼う事のなかった家に来た犬は…

「おまけの小ネタ話」
雑誌掲載時は伏せられていた「異界紀行 ~奈良編~」の王族の事情。
諸説様々ある中で、彼女が言うには…?



廃刊となっていた朝日ソノラマ時代の二冊が復刊。
硝子心眼 (HONKOWAコミックス) (ほん怖コミックス)
怪念珠談 (HONKOWAコミックス) (ほん怖コミックス 硝子心眼シリーズ)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
スポンサーサイト

史上魂魄 著:月嶋つぐ美/上杉かや

2011年03月28日 22:42

霊的なものを見た時感じた時、無機質の硝子のような眼になる上杉かやの体験談・第三弾。
旅に出れば怪異に出会う…そんな怪異をここに六編。


「生霊怪事」
彼女やその友人が見た生霊話、三編。
旅行中だった知人の彼女が深夜突然豹変したのは、その古い旅館が原因かと思われたが。

「史上魂魄」
取材以外にも何かと共に旅行することの多い著者達。
その先で出遭い、そして見たモノ見せられたモノとは。

「御利益罠」
恩師の通夜に駆け付けた彼女が見たモノ。
そこには醜い親族の争いと、それを煽り増幅させるのを楽しむかのような…

「迷惑同僚」
雑貨屋で働く友人の元へ現れた、自称「悪霊に憑かれやすい」男。
まずは銀製品の異変から始まった、彼の影響は徐々に…

「物怪屋敷」
幼い頃から色々あったという、奇妙な造りの彼女の実家。
それは彼女が大人となり家を出てから、さらに…

「おまけの小ネタ話 御祭神が実在の人物の神社編」
織田信長を祀る神社で宮司に引かれてしまった理由とは。
桓武天皇の母を祀る神社で、彼女が間違えられたのは…そんな書き下ろし小ネタ集。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

怪念珠談 -たくされたじゅず- 著:月嶋つぐ美/上杉かや

2011年03月27日 20:48

霊的なものを見た時感じた時、無機質の硝子のような眼になる上杉かやの体験談・第二弾。
霊感無だった筈の月嶋も徐々に影響を受けたらしく…そんな怪異をここに七編。


「怪的旅館」
元は華族のお屋敷だったという豪華なホテルに泊まったご一行。
そこかしこで存在を主張するソレは、霊感無な者にさえはっきりと。

「光刃奇縁」
「守護光刃」で親戚の家に現れ、怪現象を起こしたモノの正体とは。
そして解決した後も、そちら方面に敏感になってしまった叔父のその後とは…

「怪念珠談」
彼女がよく身に着けていると数珠に纏わる話。
そもそも入手方法からして普通ではないソレには、何が…?

「狐狗狸話」
小学生の時に学校で起こった、こっくりさんによる集団ヒステリーとその後日談。
皆が一斉に「見た」というモノと、彼女だけが「見た」モノは…

「幽意双影」
それぞれ仕事と学業でアメリカに住む友人二人の後ろに居たモノ。
彼女が見たのは、まるで双子のようにそっくりな金髪の女性だった…

「霊魂集処」
行くつもりなど当然なかったのに、一度ならず二度までも迷い込んでしまった心霊スポット。
一度目は偶然かも知らないが、二度目は確実に。

「おまけの小ネタ話」
彼女自身、説明の出来ないその数珠のシステム。
とある寺を訪れた時、ご住職に言われた事…そんな書き下ろし小ネタ集。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

硝子心眼 -ガラスのめ- 著:月嶋つぐ美/上杉かや

2011年03月26日 20:52

霊感無しの漫画家のアシスタントに入った彼女は、強い霊力を持ちながらもかなりの霊オンチだった!!
当たり前のように受け止める彼女から根掘り葉掘り聞きだし漫画化した、そんな怪異を六編。


「硝子心眼」
原稿中にありがちな怪談話に乗ってこない一人のアシスタント。
怖い思いをした事がないという彼女は、友人達に歩くお守りと呼ばれる程の力の持ち主だった。

「守護光刃」
夜中、決まった時間になると奇妙な音がするという親戚の家。
霊感の無い従兄弟にも見えたその音の正体は、不思議と怖さを感じない…

「異界紀行 京都編」
京都の友人宅に泊まった彼女の前に現れたモノ。
再び彼女に会いたいソレは、彼女が帰ってからというもの友人に対し。

「童心宝珠」
たまたま通りかかった公園で遊ぶ友人の背後に居た、物陰から覗く少女。
彼女はただ普通に友人の妹だと思ったが…

「女難物件」
彼女曰く、女性には向かないというそのマンションに居たモノ。
そこへ住む友人の為、彼女か連れ出したソレを預けたその場所とは。

「おまけの小ネタ話」
「女難物件」の後、引っ越しの決まった友人がその漫画をご主人に見せた所…
幼い頃、彼女が見たモノを聞いた周りの大人や友人の反応は…そんな書き下ろし小ネタ集。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。