--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐怖体験!奇跡体験!アンビリバボー2 編:フジテレビ

2011年04月01日 23:56

番組内で再現ドラマ化された体験談の書籍化、第二弾。
ドラマの画像を交えた怪異を八編と、背筋も凍る心霊写真を九枚。


「魔界の恐怖」
三十六名もの女生徒が一度に犠牲となった、魔の海。
かろうじて生き残った数人の証言と、その海岸で過去にあった事実との一致点とは。

「呪われたエチュード」
ピアニストを目指し、懸命に練習する大学生の前に現れた哀しげな女性。
相当な技術と才能が無いと弾けないというその曲に、自らの限界を見せつけられた犠牲者なのか…

「結婚を引き裂く女」
結婚が決まり、幸せいっぱいの筈の彼女につきまとう女の影。
夢から始まり徐々に悪意をむき出しにするその女は、婚約者のかつての…

「恐怖の心霊マップ ~取材記者は見た!~」
霊を信じず、あくまで仕事と割り切って取材を済ませたフリーライターに憑いて来たモノ。
彼だけでなく友人達も見る事となった、その姿とは。

「福岡最大の心霊スポット ~I峠の恐怖~」
福岡の有名な心霊スポットとされる、I峠。
軽いノリで出かけた学生たちの車に向かって来たのは、恐ろしい形相の…

「霊が訴える悲しみ」
寺院を訪れた者を誘うかのように鳴る、鈴の音。
そのまま付いて行けばどうなっていたのか、彼らに代わり番組スタッフが検証しそして判明した事実とは。

「もののけの降りた日」
ある日、突然異様な行動を取るようになってしまった知人。
自らの異変を自覚している彼がついに見つけ出したその原因とは。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
スポンサーサイト

恐怖体験!奇跡体験!アンビリバボー 編:フジテレビ

2011年03月31日 23:18

番組内で再現ドラマ化され、好評を得た視聴者からの体験談を書籍化。
所々にドラマの画像を交えた怪異を、ここに十三編。


「新築の家」
新しい家に越したばかりの一家を襲う怪現象。
三度にも渡る除霊の果てにようやく収まった、その原因は実は未だに。

「死者が聴いていたラジオ」
排気ガスで自殺した男が死の間際まで聴いていたという、吉田照美のラジオ。
第一発見者であるリスナーからの葉書を読んだ、その日からというもの…

「死神少女」
目撃者となってしまった自殺現場で出遭い、そのまま自宅まで付いてきた自分にしか見えない少女。
特に何をするでもなくただ居るだけの少女と、過去にも遭っていた事を思い出したその時。

「禁じられたスクープ」
夏の定番である怪奇特集の為、取材に出かけた雑誌記者やカメラマン達を次々襲った怪現象。
よほど懲りたのか、翌年の夏の特集は。

「呪いのメッセージ」
毎日同じ時間に鳴り続ける隣家の電話…と思われたモノ。
壁の中にあったソレは電話機だけではなく、まるで出されるのを待っていたかのように。

「死者からの知らせ」
海へ行く、と告げたまま帰ってこなかった泊り客。
皆が懸命に探すその最中、旅館の主人は彼の死を確信するモノを見たという…

「死を招く面」
映画の小道具として作られた「死神の面」
その名に相応しい迫力を出すために使った材料が巻き起こしたと思われる、怪異とは。


恐怖体験!アンビリバボー (ザテレビジョン文庫)

角川書店
売り上げランキング: 1034762

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。