--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幽霊物件案内2 著:小池壮彦

2011年04月03日 21:40

日常のどこにでも存在しうる「幽霊物件」第2弾。
昨日まで何もなかった空間が明日も無事とは限らない…そんな怪異を六十二編ご案内。


「石を置いてくる」
廃墟の屋上に名を書いた石を置いてくるという肝試しをした高校生三人。
二人目と三人目がそれぞれ帰ってきた時、笑っていたその理由とは。

「岐阜の幽霊住宅騒動」
平成十一年頃、全国に報道された岐阜の団地での幽霊騒動。
原因と説明されたモノ、報道の内容、集まってきた人々…の記録をここに。

「辞められない理由」
前任者が四人続けて首を吊ったという、彼の仕事。
その共通点から外れる事でストッパーとなった彼が、辞めてしまえばすぐにでも…?

「どぶさらいの報復」
著者の元へ送られてきた「実話」だという恐ろしい話。
怖いのはその真偽か、それとも…

「呪いのソアラ」
車に纏わる怪談になると何故かよく出てくる、ソアラ。
今では定番となっているそんな怪異に、著者も居合わせているという。

「呪いのフェアレディZ」
ソアラと並び、定番の一つとなっているフェアレディZ。
こちらは著者の友人がソアラの怪異の直後に…

「封印された旧館に纏わる話」
山道が危険で不便だからと使われなくなったホテルの旧館。
休みに出かけ無邪気に遊んだアルバイトの学生を、その後襲った怪異とは…


幽霊物件案内 (2) (ホラージャパネスク叢書)
小池 壮彦
同朋舎
売り上げランキング: 261911

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
スポンサーサイト

幽霊物件案内 著:小池壮彦

2011年04月02日 23:20

自宅や旅館、学校に会社。
特別ではない明日誰でも遭遇しえる、そんな怪異を八十七編ご案内。


「壁のひび割れ」
旅館の壁のひび割れから漏れる、誰も居ない筈の隣室の明かり。
著者が隣室の様子を見てくる間、もう一度ひび割れを覗いた友人が見たモノは。

「おばあちゃん」
少女の部屋の隅にある時から現れるようになった、見知らぬ老婆。
その優しく穏やかな様子から、産まれる前に亡くなった祖母だと彼女は思っていたが。

「煙の中の顔」
煙草を吸うと現れるという、煙の中の顔。
誰が吸っても現れるそれへの対処法はごくごくシンプルな。

「「四谷怪談」にまつわる体験」
「四谷怪談」関する記事を執筆中だった著者に纏わりついた異変。
謎の女が告げたその日付は、ただの間違電話と言い切ってしまうには。

「昔から庭にある祠」
もう由来も定かではないほど昔からある、その祠。
その撤去を強く勧めたのは家族ではなく、長年勤めたお手伝いであったが…

「あそこの病院だけは……」
救急車に乗せられた患者が、あそこだけは止めてくれと懇願するその病院。
地元の者なら誰もが知る、医師の腕だけではない避けたい理由とは。

「トイレの盛り塩」
うっかり塩を忘れた途端に現れた、かつてその店に勤めていた女だという霊の姿。
彼女には生きてる人間と変わりなく見えるソレは、店のママには違って見えるのだという…



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。