--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<怪奇>あなたの知らない恐怖世界2 編:ミステリーゾーン特報班

2011年04月19日 23:21

様々な文献からかき集めた不思議で不気味で恐ろしい話、第二弾。
有名人の体験談も多数収録した、怪異をここに八十二編。


「恨みの人形」
親友だと思っていた相手に恋人を奪われた恨みを人形に全てぶつけたその結果。
元恋人と友人は悲惨な目に合い、そして彼女にもその報いと思われるものが…

「妻の怨霊」
妻に保険を掛け、車でひき殺したものの逮捕され実刑を受けた男。
罪を償い出所はしても、妻の恨みが晴れるわけではなかったようで…

「割れた位牌」
暴走族にひき逃げされた息子の位牌と遺骨を持ち、事故現場でお経を唱え続けた母。
母の怨念か息子の無念か、その後現場で起こった事とは。

「枕元の白い影」
幽霊屋敷と聞かされても怯むことなく引っ越しを決めた、空手有段者。
夜な夜な現れるその陰に、やがて深酒するようになった彼はある日…

「ロケ地の怪死体」
サスペンス物にありがちな、人が崖から転落するシーンの撮影。
落とされた人形を回収すべく崖下に降りたスタッフは、とんでもないモノを発見する事となる。

「消えた三姉妹」
あまり近所と付き合いも無く、ひっそりと暮らしていた三姉妹。
いつのまにか次女が消え、次に三女が消え、最後に長女が消えた家の中に遺されていたのは。

「死霊になった男」
一度ならず二度までも死亡宣告から蘇った男。
医師の腕や医療技術の所為だけなのか、二度目に生き返ったその男は…



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
スポンサーサイト

<怪奇>あなたの知らない恐怖世界 編:ミステリーゾーン特報班

2011年04月18日 22:40

様々な文献からかき集めた不思議で不気味で恐ろしい話。
有名人の体験談も多数収録した、怪異をここに九十一編。


「一家全滅……」
農地を切り開くため暴いてしまった、刀や人骨が収められた塚。
粗末に扱った一家は、その後僅か数年で…

「無傷の地蔵」
道の安全を見守っていた筈の地蔵付近で多発する事故。
時にお堂まで破壊してしまうほどの事故でも、何故か地蔵そのものには…

「折れた松葉杖」
身体に合っているからと、折れた杖を針金で補修し使い続けた老婆の死。
せめて最後は、と新しい杖を棺に入れた事に悪意はなかったが…

「動かない霊柩車」
火葬場へ向かう途中、何故か道に迷い袋小路に入り込んでしまった霊柩車。
困惑する運転手の前に、目の前の家から飛び出してきた男が取った行動とは。

「死者からの応募作品」
手作り絵本コンクールで見事入賞した絵本の作者は既に亡き人だった。
作品を提出する前に事故で死んだ彼は、悲しみに暮れる母へ…

「挨拶する顔見知り」
なんば花月によく出演していた落語家が、ある日すれ違った顔見知りのホステス。
よくある会話を交わし別れてから思い出す、事実とは…

「命の期限交渉」
深夜、部屋の四隅に現れ母親を連れて行こうとしたという烏天狗。
とっさに淀川長治氏の口から出た哀願の言葉は、聞き入れられたが…



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。