--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

稲川淳二の恐怖がたり ~蠢く~ 著:稲川淳二

2011年06月19日 19:42

〇一~〇二年に行われた怪談ライブ内容の書籍化。
市販されていないCDの話を加えた、怪異をここに三十一編。


「ベランダの肉片」
引っ越したばかりの友人の家で、窓の外から覗き込んでいた男。
朝になって調べたそこに、もちろん人など居なかったが…

「旅館の三面鏡」
飛び込みで入った旅館で案内された、空気の澱んだ離れの一室。
階層中だと説明された風呂の状態と、その夜の出来事との関係とは…

「迎えに来たマネージャー」
朝早い仕事を控えた役者を時間通り迎えに来た、長年連れ添ったマネージャー。
入院していた筈の彼は、それでも仕事を全うしようとしていたのだろうか…

「線路沿いのアパートで」
帰って寝る、だけの生活を繰り返していた安アパートの外で起こっていた異変。
彼は何も知らないまま、二晩ソレと一緒に暮らしていたという。

「幽霊が映った?」
照明スタッフが見つけ、そして撮影した倉庫内の不自然な発光体。
誰の眼にもはっきり人の形が見て取れるソレは、結局TVで放送は…

「おばあちゃん」
家族の誰も知らない、幼かった彼だけが見ていた大ばあちゃんの存在。
改装のため片づけていた家から出てきたのは、彼女がずっと座っていた座布団と共に納められた…

「そして俺は死んだ」
夜、砂浜で花火をして遊ぶ若者達にいつの間にか紛れ込んできた見知らぬ男。
自らの怪談を話しそして去って行ったその男は、翌朝。


稲川淳二の恐怖がたり―蠢く (竹書房文庫―ライブ全集)
稲川 淳二
竹書房
売り上げランキング: 551159

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
スポンサーサイト

稲川淳二の恐怖がたり ~呪い~ 著:稲川淳二

2011年06月18日 19:52

九十九~〇〇年に行われた怪談ライブ内容の書籍化。
進化し続ける怪談師が伝える、怪異をここに三十二編。


「長野の廃校のブランコ」
廃校で行われた撮影の、その帰り。
擦れるような異音の正体は、誰も居ないブランコが出したモノだったがしかし。

「サーファーの鬘」
グアム島で案内された、激戦の跡が生々しく残る廃病院。
撮影中被っていたカツラにその後起こった異変は、その材料が原因だったのか。

「車夫の話」
雨が降る中走る人力車の、後ろから付いてくる足音。
夫が引き妻が後ろから押す。それは昔よくあった風景だと言うが…

「解体屋の話」
雨が降ると臭うのだという、積み上げられた廃車の山の中の事故車。
雨音に混じる有り得ない音によじ登って覗き込んだ男が、見たモノは…

「掛け軸の目が開いた」
ワイドショーの放送中に目が開いた、という話が有名な掛け軸。
実は、その掛け軸を借りに行った時点から怪異は始まっていたという…

「水道工事に行った家は…」
出張工事の後直帰し、財布を置き忘れた事に気づいたある男。
その後食事を予定していた彼女と共に、戻ったその家には…

「闇から伸びてきた腕」
ロケ先の旅館で酔いつぶれ眠りについたディレクターが見た、唸り声と縋り付く老人の腕。
彼の悲鳴で駆けつけた、旅館従業員達の対応とは。


稲川淳二の恐怖がたり―呪い (竹書房文庫)
稲川 淳二
竹書房
売り上げランキング: 535357

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

稲川淳二の恐怖がたり ~怨み~ 著:稲川淳二

2011年06月16日 23:00

九十七~九十八年に行われた怪談ライブ内容の書籍化。
時に不思議で時に哀しい…そんな怪異を二十七編。


「あなた…でしょ!」
肝心な部分が全く聞き取れない言葉を繰り返す、不気味な女の声の電話。
途中で切ってしまった二人と、最後まで聞いた男のその後の差とは…

「新潟のおばちゃんの話」
夜遅く、真っ暗な橋で出遭ってしまった顔面血塗れの女。
必死で逃げるおばさんをこれまた必死で追うその女は実は。

「東京大空襲」
内海好江師匠が子供の時に見たという、東京大空襲の惨状。
とても生きていられる筈のない状態で、それでもその女性が立ち続け叫び続けていた理由は…

「函館・札幌ライブ」
怪談ライブに集まってくるのは生者だけとは限らない。
函館のライブ直前に現れたソレを、観客は皆演出だと思って喜んでいたという…

「病院裏の火葬場」
入院中の友人をからかう為に作った創作の筈だった怪談話。
友人と入れ替わるかのように入院した彼は、見つけてしまったという…

「赤いおにぎり」
山歩きの最中、雨に降られ飛び込んだ壊れかけの小さな小屋。
時折稲光が差し込むだけの暗い室内で食事を取っていた彼ら以外に、その小屋には。

「お葬式・呼びに来るおじさん」
葬式の夜、ウトウトしている子供を呼ぶ父親の声。
夢現のまま呼ばれるまま後を付いて行くと、次の朝ある場所で目覚める事になるという。


稲川淳二の恐怖がたり―怨み (竹書房文庫―ライブ全集)
稲川 淳二
竹書房
売り上げランキング: 341758

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

稲川淳二の恐怖がたり ~憑く~ 著:稲川淳二

2011年06月14日 23:20

九十六~九十七年に行われた怪談ライブ内容の書籍化。
現場の空気を恐怖をそのままに閉じ込めた…そんな怪異を三十八編。


「ムジナの仇討ち」
村の祭りの最中、必ず悪戯を仕掛けてくるというつがいのムジナ。
ある時、一人の若者がその片割れを見事退治してみせたが…

「オルゴールの伝言」
深夜、触ってもないのに突如鳴り出したオルゴールの音色。
その一週間後に亡くなったオルゴールの送り主の葬式から帰った彼女達が、聞いたモノは…

「ヨネスケのクラス会」
奥さんが連絡の電話を受け、彼に伝えたその相手の名前。
彼女が知る訳も無く彼も知らなかった、その元同級生は既に。

「F通り魔殺人事件」
何人かとすれ違う中で、たまたまその親子を選んだと思われた無差別通り魔殺人。
しかしその被害者と加害者の間には、決して公には出来ない因縁があったという…

「赤い日記帳」
いけないとは思いつつ、ついつい見てしまったルームメイトの日記帳。
大人しく物静かだった彼女が突然自殺した後、残っていた日記の最後のページには。

「4枚の絵」
初めて遊びに行った海で溺死してしまった、幼い子の部屋にあった4枚の絵。
そこにはまだ見た事も無かった筈の海と、知る筈もない状況が…

「霊は復讐する」
たまたま通りかかった事故現場で瀕死の被害者に対し、シャッターを切ったカメラマンの卵。
プロのカメラマンとなった彼が事故に遭った時、彼にレンズを向けたのは。


稲川淳二の恐怖がたり―憑く (竹書房文庫―ライブ全集)
稲川 淳二
竹書房
売り上げランキング: 510610

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

稲川淳二の恐怖がたり ~祟り~ 著:稲川淳二

2011年06月12日 23:40

九十三~五年に行われた怪談ライブ内容の書籍化。
中には二度と語られない物もあるという…そんな怪異を三十六編。


「仙台坂ミステリー」
壮絶で不可解な自殺を遂げた某俳優が棲んでいた家で、彼が棲む前に遭った事。
その奇妙な一致は果たして偶然なのか、そもそもその地には…

「富士の樹海」
クイズ番組の収録で行かされた、富士の樹海。
そこで撮れてしまった写真は、とてもTVで使える物ではなかった…

「大川興業にまつわる闇の因縁」
妙に安い部屋に越して以来、何度も見るという同じ夢。
彼をマージャンに誘うその豪華な面々と、一人だけ名前が思い当たらないその男は。

「ニッポン放送のエレベーター」
移転前の古い建物で、何故か一基だけよく止まるという古いエレベーター。
その下に居たのは、故障の犠牲者なのか原因なのか…

「夜窓人面浮遊考」
フジの番組で心霊写真の解説をした、その次の仕事は日テレのロケ。
出向いた先で感じた奇妙な既視感と、先に繋がる体験とは…

「とりついた家」
父親の転勤で移り住んだ家に居た、女性にしか見えないモノ。
母親が離婚を訴える程に恐ろしかったソレは、引っ越した後もまだ。

「先輩のハト」
二つ隣の部屋に住む先輩の部屋に来るという、ハトの声。
目を開けると逃げるというソレは、ある日彼の部屋にも来たが…


稲川淳二の恐怖がたり―祟り (竹書房文庫―ライブ全集)
稲川 淳二
竹書房
売り上げランキング: 532913

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。