--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

稲川淳二のとってもコワイ話 幽霊図書館(2)

2012年08月19日 22:47

定番の語りを子供向けに直し、イラストを添えた…そんな怪異を九編。


「おじぞうさんの願い」
謎の病気で寝込む少年の部屋を毎夜窺う、何者かの気配。
そんな折、祖母が不思議な力を持つ知り合いに言われたこととは…

「ネコの鳴き声が」
古く広い家に越してきた一家が聞いた、ネコの声。
飼っている猫とは違うその声は、家族も知らなかった地下室から聞こえていた…

「ざしきわらし」
座敷童子が出るといわれる有名な旅館に泊まる事となった著者。
一晩中回していたカメラに映っていたのは、著者ともう一つ…

「ぐうぜんに見た心霊写真が」
とある心霊番組の収録後、出かける事となった旅番組のロケ。
初めて訪れた筈なのに、何故か覚えがあるその地で泊まった旅館には。

「ムジナのかたきうち」
毎年、祭りの行事中に村人をからかいに来るというムジナ。
ある時、血気盛んな若者が見事ムジナを仕留めたが…

「おしいれの中には」
仕事で忙しい両親に代わり、時折食事を作ってくれた近所のおばさん。
幼かった彼女はよく、おばさんの娘と遊んでいたが…

「夜中の病室」
深夜、隣のベッドから聞こえてくる幼い女の子の泣き声。
子供などいないその大部屋で泣いていたのは…



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
スポンサーサイト

稲川淳二のとってもコワイ話 幽霊図書館(1)

2011年09月17日 22:19

稲川淳二が贈る、児童向け怪談本。
定番の語りを子供向けに直し、イラストを添えた…そんな怪異を十二編。


「木のあなの道」
あるアイドルが子供の頃、お手伝いの女性と共に潜ったという神社の木の大きな穴。
どれほど進んでも壁に行き当たらず、突如出た開けた場所とは…

「四まいの絵」
初めて出かけた海で溺れてしまった幼い子が遺していた四枚の絵。
そこには、幼児が描けるはずもないような彼自身の運命が記されていたという…

「真夜中の笑い声」
一人、深夜まで劇場に残り準備をしていた若い男が聞いた笑い声。
てっきり先輩たちの悪戯だと思い、声の元に向かった彼が見たモノとは…

「よろいかぶと」
仕事先で見かけて気に入り、つい買ってしまった古い鎧兜。
実際に使われていたその鎧に、母親は一体何を見たというのかその日から…

「トンネルの中」
戦時中、トンネル内で立ち往生していたリアカーを押してくれた見知らぬ男。
再びリアカーが動かなくなった時、振り向いた彼女が見たモノは。

「長い死体」
海へ遊びに行く途中立ち寄った店で、水も頼んだ食事も来なかった一人の友人。
その時既に彼は呼ばれていたのか、その後海で彼は。

「まどの外に」
夜、両親に連れられて訪れた店でずっと窓を見つめ続けていた幼い少年。
鏡状の窓ガラスに映るのは、店の様子とその少年かと思われたが…


稲川淳二のとってもコワイ話 幽霊図書館 (1)
稲川淳二
竹書房
売り上げランキング: 9832

絵:谷口純平

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。