--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わたしの怪奇ミステリー体験(4) 編:ムー特別編集

2011年09月25日 22:44

幽霊や説明のつかない怪異、呪いなど様々な体験を集めた実体験報告集・第四弾。
明日出遭うかも知れない身近な怪異を百九編と、心霊写真をカラーで九枚。


「死者のプレゼントは競輪の大穴予想」
いつも世話になっていた競輪場の馴染みの"予想屋"
その日もいつものように来た常連に対し、無言のまま予想の紙を手渡した彼は実は…

「友人の引越し先は幽霊屋敷だった!!」
妊娠中の友達の引っ越しを手伝い、入った新居で感じた異変。
霊能者の指示通り手厚く供養した友人には、その後。

「近代的オフィスが霊たちの通り道に!?」
一人、オフィスで留守番をしていた彼女を脅かす何者かの存在。
地図を調べて初めて知った、その会社の立地とは…

「教え子の予知で大事故から命拾い」
生徒が見たという、教師の乗った車の事故の夢。
神主の娘である彼女の言葉を信じ、その道を避けた彼がのちに知った事実とは…

「死んだ友人が私の流産前夜に現れて」
切迫流産の恐れの為入院していた女性の前に現れた、死んだ友人。
同じような状態を経験した他の友人もまた見た事が後いう彼女は一体、何の意図があったのか…

「イタコに呼び出された祖父の霊」
イタコに寄る亡き祖父との会話を終え、帰宅途中の車内で見たモノ。
いつも居たのか、帰っていなかったのか…

「謎の水死をした身内が供養を求めた!?」
続く異変・不調に、思わず縋った占い師に告げられた覚えのない戒名。
それは彼女自身も忘れていたほど親しくもない遠縁の者の名だったが…



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
スポンサーサイト

わたしの怪奇ミステリー体験(3) 編:ムー特別編集

2011年09月22日 23:25

幽霊や説明のつかない怪異、呪いなど様々な体験を集めた実体験報告集・第三弾。
八人の著名人の体験談を含めた怪異を百編と、心霊写真をカラーで十枚。


「取材スタッフに次々と襲いかかった奇怪なドクロ「鬼の首」の祟り」
住職の警告を聞き流し「鬼の首」をスケッチに納めた漫画家・永井豪氏。
彼ともう一人写真を撮ったスタッフに次々と襲いかかった異変の原因は、果たして…

「私の車をタクシーがわりにした幽霊!!」
深夜、誰も居ないにもかかわらず赤に変わった押しボタン式の信号。
その直後から車に入り込んできた何者かの気配は、しばらく進んだ先の信号で同じように止まった時…

「海から現れた幽霊のブレスレット!!」
キャンプファイアーを楽しむ学生達の目の前で、海から上がってきた一人の女性。
どれほど火を焚いても、寒いと言い続けていた女性の忘れ物を届けに訪れた家には…

「夜ごと現れる亡夫の霊に悩まされた伯母」
毎夜毎夜現れる、数年前に死んだ夫。
よほどの心残りがあるのか、しかしその姿はあまりにも恐ろしく叔母は…

「事故の瞬間に別の場所に幽体離脱した!?」
車に撥ねられた次の瞬間に見た、知人の部屋の光景。
後日その日の様子を知人に聞いてみた所、まさにあの時見た通りだったが…

「ぼくが、もうひとりいる!?」
前夜に高熱を出し、泣く泣く諦めた楽しみにしていた修学旅行。
ほぼ丸一日ぐっすりと眠っていた彼は、修学旅行の夢を見ていたが…

「首吊りの光景が見えた部屋で彼は!!」
結婚を控えていた友人が新生活の為購入した、新築マンション。
その一番奥の部屋に入った瞬間見えた、不気味な影は…


わたしの怪奇ミステリー体験〈3〉

学習研究社
売り上げランキング: 929852

体験談:
永井豪/本田理沙/森口博子/魔夜峰央/大西結花/高樹澪/高橋三千綱/宜保愛子

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

わたしの怪奇ミステリー体験(2) 編:ムー特別編集

2011年09月20日 22:31

幽霊や説明のつかない怪異、呪いなど様々な体験を集めた実体験報告集・第二弾。
九人の著名人の体験談を含めた怪異を六十三編と、心霊写真をカラーで十四枚。


「水を欲しがる被爆者たちの幽霊と生死を分けた不思議な予告」
映画の撮影中、大怪我をした小松方正氏。
実はその数か月前に、誰もがその名を知る有名な二人からある事を注意されていたという…

「霊能者の祖父と死の淵から生還した母!!自らも数々の霊体験」
八階のベランダから落ち、病院に運ばれた時既に仮死状態であったという前田日明氏の母親。
頭から落ちたにもかかわらず、生還を遂げた彼女がのちに語ったその瞬間の事とは…

「死霊と生霊に会った老人」
山で仕事をしていた老人の前に、異様な姿で現れたという孫娘。
その様なモノを見るのは初めてではないという彼が、駆け戻った家で知らされた悲劇とは…

「突然、兄が消えた!!」
少年野球の練習中、チームメイトや監督の前から忽然と消えたという少年。
気が付けば自宅近くに居たという彼が、その間見ていたというモノとは。

「水害を予知しながら死んだ少女」
その日に限り激しく駄々をこね親の仕事に付いて行きたがった、幼い少女。
彼女はその後の運命を知っていたというのか、午後から降り出した雨は…

「動物たちの恐るべき災害予知能力」
例年より高い位置に巣を作る蜂、大移動する蟻の群れ…
早いモノは一ヵ月も前から備えていた、彼らの行動の理由とは。

「日本人形の呪いが父を襲う!!」
何故か廃墟から持ち帰ってしまった日本人形。
その日から父親に起きるようになった異変は果たしてその人形の所為だったのか…


わたしの怪奇ミステリー体験 2

学習研究社
売り上げランキング: 768286

体験談:小松方正/畠田理恵/大泉滉/前田日明/神保美喜/一龍斎貞水/林家木久蔵/西丸震哉

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

わたしの怪奇ミステリー体験(1) 編:ムー特別編集

2011年09月18日 23:30

幽霊や妖怪、未知の能力や呪いなど様々な体験を集めた実体験報告集。
一部解説付きの怪異を九十八編と、心霊写真をカラーで十五枚。


「ジャングルに消えた亡霊」
野生動物の研究の為、深夜のジャングルに居た学者の前に現れたモノ。
次々と現れては消えていくそれは、かつてこの島であった悲劇の記憶なのか…

「青白く光る心霊写真集」
貸した友人宅で異変を起こし、返却された心霊写真集。
貸す前までは何もなかった筈のソレは、それ以来…

「新聞から飛行機事故の黒煙が」
朝、いつものように開いた朝刊から突如立ち昇った黒い煙。
その一面を飾っていた飛行機事故と果たして関係があったのか。しかし…

「惨殺された叔母の霊が通夜の席で」
夫に殴り殺されるという悲惨な死を遂げた叔母の通夜で起きた、異変。
遺された娘とお坊さんに縋ろうとした彼女の無念は如何ほどに…

「神隠しにあった少女」
水神に見込まれてると噂され、実際に弟が溺れ死んでいる少女の突然の失踪。
一週間後彼女が見つかったその場所は、子供の足ではとても辿り着けない所だった…

「迫る危険を知らせてくれたのは!?」
庭で草を刈る父親を横目に、縁側で宿題をしていた少女に突如訪れた"嫌な予感"
慌てて逃げ出すかのようにその場を離れた次の瞬間、起こった事とは。

「病死した兄が妹を連れにくる」
幼さゆえにその死を理解できず、兄を呼びそして待ち続けていた妹。
二週間が経ったその日も縁側で兄を待っていた彼女に、祖母が声を掛けた時…



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。