--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心霊ショック2 著:朝倉三心

2011年10月12日 23:40

世界各地に存在する不可解な超常現象の数々の収録本・第二弾。
心霊や奇跡、呪いなどの怪異を二十一編と、著名人の体験談を三編。不可思議な写真等を六十枚。


「ディア・ハンターを殺人に駆り立てる怨念」
中古で手に入れた銃を手に向かった鹿狩りで、起こってしまった四人もの仲間が死傷する誤射事故。
鹿と見誤ったというにはあまりにも不自然なその事故は果たして…

「悪霊の棲むラグビー合宿所」
選手達に病気・怪我が続出し、二人の監督が病死し三人目もまた危篤となったという某ラグビー部。
遂に呼ばれる事ととなった著者の知人の霊能者が見たのは…

「獣に犯され続ける女体」
眠っていた女性に圧し掛かり、侵入してくる毛むくじゃらの何物かとも知れぬモノ。
果たしてそれは獣なのかそれともその姿を借りただけの…

「象にのり移ったマサイ族の青年」
密猟グループに騙されたまま、行方不明となってしまったマサイ族の一人の青年。
その後起こった象の暴走による事故は、彼の無念の想いによるものだったのか…

「渇きを訴える囚人の霊」
タスマニアにある刑務所後を訪れた著者の身体を襲う、激しい渇き。
水が貴重な小さな島で、彼らは今も囚われ続けているというのか…

「戦没兵士の霊のベトナムからの帰還」
ベトナムで倒れ、遺体が帰ってくる事のなかった一人の兵士。
しかし年に一度、兄が開くパーティーには必ず…

「テレビ放送中に現れた怨念」
地方の生番組に出演中の著者を突如襲った異変。
帰宅後、ビデオを確認した所まさにその時しっかりと映り込んでいたモノとは…


心霊ショック〈2〉戦慄の霊現象 (竹書房文庫)
朝倉 三心
竹書房
売り上げランキング: 1131368

体験談:島崎俊郎/ホンジャマカ/彦麿呂

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
スポンサーサイト

心霊ショック 著:朝倉三心

2011年10月10日 23:58

世界各地に存在する不可解な超常現象の数々。
心霊や奇跡、呪いなどの怪異を十九編に著名人の体験談を三編、不可思議な写真を四十七枚。


「日本女性にとりつくカタコンブの亡霊」
現地で知り合った人に連れられ、よく知らないままに入ってしまったカタコンブ。
それ以来彼女を悩ませる事となった異変は、あの中に眠っている死者によるものなのかそれとも…

「ノートルダムに現出する超自然現象」
ノートルダム寺院にある、不気味な怪獣の彫刻・シメールや聖者のデスマスク。
それらに纏わる噂とは…

「六○×号室は自殺の病室」
決してその部屋だけは入りたくないと、関係者が噂するとある病室。
彼女が知るだけでも三人の患者が飛び降り自殺しているというその部屋に一体何が…

「女子寮を襲う集団金縛り」
快適に作られた筈のマンションで寮生達を夜毎悩ませる怪現象。
全員を金縛りに遭わせるという異常事態に、ついにオーナーが動き出した時には既に。

「赤の広場を埋めた妖気の行進」
モスクワを訪れた著者が感じ、そして見た異様なモノ。
果たしてそれは、その数ヶ月後に起こった歴史的事件の予告だったのか…

「異次元との接点? 交通事故頻発地」
見通しが良いにも関わらず、事故が多発する地で事故を起こしてしまった男の証言。
思えば事故を起こす何年も前から、彼はその地で奇妙なモノを感じていたという…

「生血を求めてさまよう悪霊たち」
深夜、突如獣のような唸り声をあげる弟の背中にべったりと付いていた大量の血。
かすり傷一つない彼は、つい最近あるモノを仕事で扱ったという…


心霊ショック―世にも怪奇な霊現象 (竹書房文庫)
朝倉 三心
竹書房
売り上げランキング: 1361411

体験談:つまみ枝豆/池田貴族/山本まゆり

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。