--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多摩の怪談 ぞくぞくガイド 編:だーくプロ

2011年10月14日 23:57

何故か多摩に限定した怪奇スポット紹介本。
行けば出る、きっと見れる。そんな怪異を三十編。


「八王子城跡」
千三百人もの死者を出し、川が三日三晩血に染まったという八王子城の戦い。
四百年異常過ぎた今もその無念が晴れることはないのか、近隣では様々な噂が…

「魔の第三コーナー」
東京競馬場の中にそびえ立つ、巨大なケヤキ。
明らかに邪魔な存在にもかかわらず、決して切られる事のないその理由とは。

「すってくりょう塚」
喧嘩の果てに殺し合い、残った方も自殺した兄弟が葬られた塚から聞こえてくるという声。
埋葬の際、つい忘れられたことがそれほど無念なのかその訴えとは…

「小峰峠」
手首のない少女が助けを求める姿が目撃され、噂となっていた小峰峠。
新聞記事にもなったその地で起きていた、日本を揺るがすほどの事件とは…

「新青梅街道三ツ木交差点」
産まれたばかりの子を残し事故死した母親だと噂される霊が度々出現し、さらに事故も増えた交差点。
彼女を慰める為建てた地蔵を見た、まだ一歳になったばかりの息子は…

「御岳トンネル」
暴力団が銃を隠す為、人を寄せ付けないよう意図的に作られた幽霊話。
警察が動いた後幽霊話も廃れたかと思われたが、納得いかない高校生が撮った写真には…

「今熊山」
その頂上で行方不明の物や人の名を叫ぶと、神様からヒントを貰えるという今熊山。
何らかの啓示があれば必ず見つかるというその山では、確かに過去…


多摩の怪談ぞくぞくガイド
だーくプロ
けやき出版
売り上げランキング: 1402649

改訂版
改訂 多摩の怪談ぞくぞくガイド

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。