--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

凶涯渡世 怪談真暗草子 著:久田樹生

2015年03月24日 19:04

人生の裏街道を歩いた男性が遭遇してきたという、怪異をここに十編。

「Ⅳ」
便利屋として請け負った、老人が孤独死した部屋の清掃。
休憩時、一人離れたバイトが休んでいた場所とは。

「Ⅴ」
以前、便利屋が入っていたマンションの一室。
二軒隣の住人曰く、今は誰も住んでいないというが少し前に。

「Ⅵ」
小学生の頃母親が連れ込んだ、暴力的な男。
反撃を試みた彼が見た、土間にあったソレを踏み抜いてみたところ…

「Ⅶ」
腹と腰が痛い時に母親が取る、掻き集める仕草。
ある日ソレを見て逃げ出した同僚は、その後。

「Ⅷ」
仕事の無い雨の日は仲間内の賭博に明け暮れた人足の仕事。
借金がかさみ首を吊った仲間の遺品を漁った男達と、その現場は…

「Ⅹ」
ただ、電話を取るだけでよいという住み込みの仕事。
奇妙な間違い電話と郵便が届くその部屋を、若い男に押し付けて逃げたところ…


凶涯渡世 怪談真暗草子 (竹書房文庫)
久田 樹生
竹書房
売り上げランキング: 505,988

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
スポンサーサイト

无明行路 怪談真暗草子 著:久田樹生

2012年07月31日 22:59

知り合いから聞いた…から始まる怪異譚。
その元を手繰る著者が辿り着いてしまった、本物の怪異を十一章。

「I」
友人がさらにその友人に聞いたという、とある女性の怪体験。
話したび鳥肌が立つというその話を聞いてしまった彼女もまた。

「II」
「I」の元となった友人は、又聞きしただけの伝聞者でしかなかった。
しかし彼女もまた異変を感じ、その事を人に話すと…

「V」
怪異の主人公である女性の、かつての同級生まで辿り着いた著者。
自らには何も起きてないと言う彼女は、次に繋がる友人を紹介してくれたが。

「VIII」
女性と共に怪異を体験したという彼女が語る、女性の家の異変。
中学からずっと変わらず親友でいる彼女もまた、著者に話した後…

「IX」
ついに会う事となった、問題の女性。
初回の打ち合わせからすでに入っていた邪魔は、二回目以降はさらにはっきりと。

「X」
何度引っ越しても逃れられなかったという、女性の家に住み着き存在を主張するなにか。
中学・高校・就職と節目を狙うかのように女性を襲う不幸とは。

「XI」
小学校に上がる直前まで、母方の祖父母の家に預けられていたという女性。
時折連れられ詣でていた奇妙な土山は、母親曰く…



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。