--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小林玄の感染怪談 予言霊 著:小林玄

2015年04月11日 21:38

感染する怪異をここに、三十二編。

「集合時間」
確かに人数を確認し、休憩所から出発しようとしたツアーバス。
夫が戻っていないという女性の声に戸惑いつつ、添乗員は確認に戻ったが…

「カビウナギ」
価格高騰に伴い客足が落ちた店が考え出した、新メニュー。
常連客から指摘されたソレは、大将やバイトの彼には見えなかったが…

「やってはいけない、思い出返し」
半分に破られ渡された恋人同士の写真を、ある場所に棄てたという男。
翌日彼女の家の前に落ちていた、その写真の中の顔は。

「スキマが怖い」
部屋の真ん中に全ての家具をきっちりと配置した男の言い分。
それは有名な都市伝説に似ているのだが…

「やってはいけない、四十九秒目」
パスタの茹で時間を気にしながら、遊びに来た友人へ合図を出した男の手が感じたモノ。
窓から手だけを振り、四十九秒数えると。

「身代わり」
半ば孤独死を予想しつつ踏み込んだ部屋に居た、首に縄をかけ暴れる老婆。
覚悟を決めての事だったのか、仏壇には既に遺影が準備されていたが。

「やってはいけない、砂嵐の儀式」
地デジ移行後はまず見ることない、TVの砂嵐。
TVをつけたまま寝てしまった男の体験を、わざわざTVを用意してまで再現した彼が見たモノとは。

小林玄の感染怪談 予言霊 (竹書房文庫)
小林玄
竹書房
売り上げランキング: 526,936

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
スポンサーサイト

小林玄の感染怪談 遊ぶ目玉 著:小林玄

2013年01月14日 23:09

タチの悪い「聞いた人の元に来る」という感染する怪異を中心に、三十三編。

「落石注意」
心霊スポットへドライブした面々を出迎えた、奇妙な注意書き。
看板を無視し、パラパラと降って来る落石をも無視して進む車に起きた異変とは。

「先輩」
友人とのドライブの休憩中、眠り込んでしまった彼らを叩き起こしてくれたのは死んだはずの先輩だった。
一体どれほど眠っていたというのか、車の周りには…

「幽霊が見られる部屋」
後輩達へ代々言い伝えられているという、お泊り合宿の幽霊が「見られる」部屋。
皆が一部屋に集まる中に特殊学級に通う彼も何故か混じっていたが…

「3990円」
バイクに乗るために購入した、中古の安い革ジャン。
皆が軽くて良いと進めるソレを、重く感じた購入者は…

「ムシノシラセ」
何かに駆られるようにホームステイ先から掛けた、祖父への電話。
まだ携帯も無い時代、覚えているはずも無いその番号に出たのは…

「超能力ごっこ」
小学生時代、友達についた他愛も無い嘘。
それらしい儀式をでっち上げ、皆で目を閉じたその後に現れたものとは。

「遊ぶ目玉」
あまりにも酷い状態だったという、交通事故死したクラスメイト。
その後たびたび目撃される「目玉」に、皆で墓参りの後家を訪ねた所…



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。