--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白異本 著:外薗昌也

2015年02月07日 10:15

徐々に分厚くなっていく、異能怪談シリーズ第三弾。
尽きる事無く集まり続ける怪異をここに、二十九編。

「黒い波紋 その一」
錆自身、左目奥の痛みと吐き気で三日間ろくに食事も出来ず読了まで時間を要した黒異本。
SNSに続々と上がる、本の感想と報告とは…

「異能怪談的公演 急」
寺で公演された、「赤異本」の舞台。
準備段階から既に幾つかの怪異を引き起こしていたそれは、本番で本領を発揮する事となる。

「いいから」
既に日も落ちた放課後の古いトイレに現れた幽霊が繰り返す言伝。
その日が命日だった彼が伝えたかった言葉とその相手とは…

「車の話 その一」
知人に廃車を頼まれたものの、修理し転売した所怪異が起きたワゴン車。
彼女曰く「仕方がない」という「業」は手首に常にある数珠が切れる度…

「二年越し怪談」
とある女性が見たという、座り込む老人の霊。
二人に増えたと言うソレは、数年後別の人から聞いた話と関係があるのならば…

「黒い人から…… その一」
なおも届き続ける、黒い人からの怪談。
原稿を書き上げ、床に就いた著者の耳に届いたソレは果たして日常の一部かそれとも。

「黒い人から…… その三」
赤と黒、とくれば第三弾は「白異本」
「白不浄」の意味を知ってか知らずか、黒い人から送られてきた怪談とは。


白異本 (廣済堂モノノケ文庫)
外薗 昌也
廣済堂出版
売り上げランキング: 244,772

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
スポンサーサイト

黒異本 著:外薗昌也

2015年02月06日 19:01

出版社を変え、帰ってきた異能怪談。
最初に読まされた黒史郎氏が絶叫したという、そんな怪異を三十一編。

「話の話」
怪談本の出版後、話の提供者に報告しようとすると時折ある怪異。
かく言う著者自身が、指摘されて気づいたその事実とは。

「ドッペルゲンガー その一」
家に送り届けた筈の、頭に傷を負い流血していた友人。
すぐに戻ってきた彼と夕方まで遊び続け、誘われるまま再び訪れたその家で起きた騒動とは。

「アンノン」
ある人のSNSの日記に惹かれ、拾い上げた怪異譚。
確認の為送った最初のメールは届かず、二度目に送ったメールに対する当人の反応は…

「妹」
コックリさんの途中で指を離してしまった妹の、その後の変化。
単なる成長だと言えばそれまでかも知れない…しかし姉は気に掛かる事があるという。

「黒い人 その一」
飄々とした文体に何かを纏うメールを次々と送りつける、とある人物。
怪談好きの知人も拒絶する程のその異様さに、著者は彼を「黒い人」と名づけた。

「心霊写真」
SNSで送られてきた、とある物が写り込む奇妙な写真。
以来、立て続けに災難に襲われた著者はその写真を…

「僕の家・後日談①」
赤異本に収録された著者の実家の怪異。
更なるネタをと母親に電話をした後、連絡がつかなくなった一週間の間に起きていた怪異とは。


黒異本 (廣済堂モノノケ文庫)
外薗 昌也
廣済堂出版
売り上げランキング: 113,959

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

異能怪談 赤異本 著:外薗昌也

2012年09月29日 19:48

ホラー漫画家が文字で綴る、実話怪談。
ざくざくと寄り集まる怪異に、著者の周りでは…そんな怪異を二十八編。

「腐女子地獄」
大ファンである漫画家に執着し、他のアシスタントに嫌がらせをした挙句クビとなった女。
おぞましい物を媒体とし生霊となって居続ける女を撃退した、その方法とは。

「座る男」
深夜、部屋の隅にただじっと背中を見せた状態で座る男。
何ヶ月もの間一切動かない男の顔を見ようと、前に回り込んだ彼女に対し男は。

「魔術の効力」
いかにも大人しそうな彼女を困らせる客への対抗手段として作ったという「お守り」
とても聞いたというソレを、次に助けてくれなかった店長に向けて作ったというが。

「会いたくて」
義母の夢枕に立った、かなり前に亡くなった義母の知人。
彼女が嬉しそうに報告する、ずっと会いたかったというその相手とは。

「書かれたくない」
開店したばかりのラーメン屋の店主に聞き、帰宅後パソコンに保存したはずの怪異譚。
翌朝、綺麗さっぱり消えていたのは。

「AV女優」
撮影現場にやってきた、いかにもやばそうな虚ろな目の女。
次々と起こる怪異に耐えかね、ついには女優を変えようとしたところ…

「僕の家」
上京した著者の知らぬ間に両親が引っ越していた、豪華で奇妙な造りの家。
戻って早々聞く事となった奇妙な老婆の声の事を、父親に話したところ…



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。