--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怪談倶楽部 幽魂 著:平谷美樹

2010年09月29日 22:55

怪談倶楽部のメンバーが語る恐怖譚、第三弾。
著者も知らぬうち何かが紛れ込んだかもしれない、そんな怪奇を二十八編。


「≪高楼館≫黒女郎」
記録に残る「黒女郎」または「サバエ」と呼ばれたモノ。
度々現れたのだというソレは何もかもが…

「仮面の履歴」
誰が見ても"ヤバイ"物を買い付けてくる者もいれば、欲しがる者もいる。
売りに出した店に起きた異変と、購入した客の…

「裁縫箱の妖精」
小学校で使用していた裁縫箱から聞こえてくる、ヒソヒソ話。
昔ながらの方法で作られたモノの中には、妖精などではなく。

「≪高楼館≫午後六時」
郷土史館となった今もなお続く怪異。
残業する職員が男である限り、悲しいかな少女たちは…

「座敷童三題」
微笑ましいモノ、恐ろしいモノ、物悲しいモノ…座敷童に纏わる三編。
共通するのは、迷信と笑えない程の生々しさか。

「最後の切符」
"鉄ちゃん"が手に入れた、一人の男が遺した切符コレクション。
プロポーズから始まった裏のメモ書きは死別後も続き、最後の切符には。

「ニキビ」
深夜、テスト勉強に励む高校生の顔に潜んでいたモノ。
次から次へと出てきたソレは、どこからどう見ても。


怪談倶楽部 幽魂 (恐怖文庫)
平谷 美樹
竹書房
売り上げランキング: 1082

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
スポンサーサイト

怪談倶楽部 怨恨 著:平谷美樹

2010年03月29日 23:51

怪談倶楽部のメンバーが語る恐怖譚、待望の第二弾。
関わってしまえば、逃げる事は叶わない。そんな怪奇を二十六編。


「仏壇」
買ったばかりの真新しい仏壇。
まだ魂入れも済ましていない、閉め切ったままのその中には。

「≪高楼館≫タクシー」
夜勤の配車オペレーターに伝えられる、"コツ"
決してソレに応えてはいけない。応えてしまえば…

「夏合宿」
どの部も合宿を避ける三日間に、あえて挑んだバスケ部と放送部。
久々の友に嬉しかったのか寂しかったのか、大サービスともいえる怪異を。

「縫いぐるみ」
押しつけられるように貰い受けた縫いぐるみ。
元の持ち主が死んだらしい事は想像がつく。が、その原因は…?

「≪高楼館≫側溝」
高楼館がまだ娼館であった頃の話…
汚れを洗い流す水に混じるソレは、女達の渇望が成した物か。

「クイズ番組の電話」
生放送中の視聴者との電話のやりとり。
誰もいないと繰り返す幼い男の子の背後からは…

「幽霊マンション」
幽霊が出ると言うその一室の怪現象。
霊というには余りにも生々しく現実的な、湧き出る品々は一体…

「≪高楼館≫パワーストーン」
郷土史館となったその地で男子高校生が拾った石。
果たしてその夜、彼の元には。


怪談倶楽部 怨恨(えんこん) (竹書房文庫 HO 81)
平谷 美樹
竹書房
売り上げランキング: 1637

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

怪談倶楽部 廃墟 著:平谷美樹

2009年11月15日 12:18

百物語でお馴染みの平谷美樹が、満を持して竹書房ホラー文庫へ参戦。
怪談倶楽部のメンバーが語る日常と隣合わせの怪異、二十七編。


「バー <もんく>」
月に一度、会員の一人の店にて行われていた怪談会。
ちょっとした異変から始まったそれは、会を重ねる事に…

「携帯の音」
ありえない場所から聞こえてくるそれ。
調べれば原因は解るだろうが、知ってどうする?

「高楼館」
かつて、娼館だったという廃墟。
訪れた女性を出迎えたモノとは。

「メンテナンス」
快適に過ごせるように、月に一度。
結果、何も起こらずに済んでいるのなら詮索は野暮というものか。

「廊下の消毒」
何かを移動させる時、他の病室の扉は閉じられる。
もういいと言われるまで決して開けてはいけない…

「≪高楼館≫手と口」
廃墟を改築し、郷土史館となった後も収まった訳ではないらしい。
訪れた男性を出迎えたモノとは。

「≪高楼館≫狂女」
高楼館にまつわる、別の話。
聞いた者の元にも現れるというそれを、退ける為のモノは未だ…


怪談倶楽部  廃墟 (竹書房文庫)
平谷 美樹
竹書房
売り上げランキング: 42754
おすすめ度の平均: 4.5
4 正直あまり期待してなかったけど・・・
5 怪談倶楽部に、入りたい

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。