--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アナタもワタシも知らない世界 オカルト万華鏡 4 著:流水りんこ

2015年07月13日 23:06

自称・霊感ゼロの著者がオカルトやスピリチュアル方面の疑問に斬り込む一冊。
嘘かホントか、思い込みかそれとも…そんな怪異を五編、読書の体験談五編。

「第18話」
おまじないって、一体何?

他愛も無い子供のものから本格的なものまで、古今東西行われてきたおまじない。
安易な気分でやるものではないと、とある民俗学のマニアは言うが。

「第19話」
「HONKOWA」でお馴染み、寺尾玲子氏と天宮視子氏へのインタビュー。
漫画によく出てくる守護霊や数珠などについて質問すると…

「第20話」
筮竹をジャラジャラさせる易って、何が見えるのか?

凄い経歴を持つ易占い師、西浦喜八郎氏への取材。
神からのアドバイスだと言う彼が、見ているものとは…

「第21話」
誰にも信じてもらえないどころか笑われてしまう、奇妙なモノの目撃談。
山肌を駆け上るモノ、グラウンドをグルグル回り消えたモノ、小さいおじさん…確かに彼らは見た!!

「第22話」
寺尾玲子氏と天宮視子氏に加え「いきものがかり」の高山沙弓氏も揃ったインタビュー。
数珠や霊道、ケモノ筋などについて聞いてみたところ…

「第23話」
愛されつつも恐れられる、人形。

著者が生まれるまで、著者の名前で呼ばれていたという姉の人形。
ボロボロになりながらも今も家にあるその人形は、ある霊能者曰く…

「誰も信じなくていい!!でも私は見た!!」
誰にも信じてもらえないどころか笑われてしまう、奇妙なモノの目撃談。
電気の傘から出てきたモノ、虹を渡るモノ、動く物に反応するカメラが撮影したモノ…確かに彼らは見た!!


オカルト万華鏡 4 (HONKOWAコミックス)
流水りんこ
朝日新聞出版 (2015-07-07)
売り上げランキング: 1,085

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
スポンサーサイト

アナタもワタシも知らない世界 オカルト万華鏡 3 著:流水りんこ

2015年03月04日 19:21

自称・霊感ゼロの著者がオカルトやスピリチュアル方面の疑問に斬り込む一冊。
嘘かホントか、思い込みかそれとも…そんな怪異を六編、読書の体験談五編。

「第12話」
タロット占い、何故当たる?

心理占星術研究家の鏡リュウジ氏と現代西洋魔術研究家のバンギ・アブドゥル氏への取材。
当たり障りの無い悩みから始まった占いから引き出された、著者の本質とは。

「第13話」
お墓、必要?

死後はガンジス河に流してもらいたいと願う著者。
墓相や霊の存在についてある寺の住職に尋ねてみた…

「第14話」
死後の世界って、どんなの?

どの宗教においても厳しく凄まじい責め苦を受けるとされる地獄。
編集部でそんな話をしている時、声を掛けてきたのはHONKOWAお馴染みの…

「第15話」
UMA(未確認生物)、信じる?

コモドドラゴンも、学会に報告されたのはたかだか100年前。
世界各地で目撃・被害報告のあるUMAは果たして新種の動物か、人寄せの為のホラ話か。

「第16話」
人相占いは、どこまで見える?

人相学の大家、天道春樹氏に見てもらった著者。
次から次へと指摘される内容は自身の事だけに納まらず、さらに戴いた忠告は…

「第17話」
守護霊って、何?

生命の危機を回避した人達が見聞いたという、励まし導いてくれた誰かの存在。
極限が見せた幻覚か、それとも…

「誰も信じなくていい!!でも私は見た!!」
誰にも信じてもらえないどころか笑われてしまう、奇妙なモノの目撃談。
川に居たモノ、プールの水面を歩いていたモノ、草むらから顔を出したモノ…確かに彼らは見た!!



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

アナタもワタシも知らない世界 オカルト万華鏡 2 著:流水りんこ

2015年03月03日 17:15

自称・霊感ゼロの著者がオカルトやスピリチュアル方面の疑問に斬り込む一冊。
嘘かホントか、思い込みかそれとも…そんな怪異を五編、読書の体験談五編。

「第6話」
チャクラって、一体何?

体の中心線に添ってあるといわれるチャクラ。
簡単に調子を調べる方法を著者が試した所、何度も同じ場所で…

「第7話」
インドでは結婚を決める際に重要視される、インド占星術。

宗派の異なる二人の占星術師に占ってもらった著者。
それぞれに「2年半」だと言われた結果は、帰国後すぐに。

「第8話」
オーラ、存在するの?

見える人達曰く、その人の精神・肉体の状態を色濃く現すというオーラ。
実は著者自身、小さい頃からある物を見ていたというがコレは?

「第9話」
「コックリさん」は霊的な現象なのか?

某編集部のビル内で著者含めた3名と記録係の1名で行われた実験。
様々な派生を試みるも動かず、最後に「大権現様」を呼び出したところ…

「第10話」
誰にも信じてもらえないどころか笑われてしまう、奇妙なモノの目撃談。
子供が見た並外れた大きさの生き物。夫婦が見た岩場に映し出された巨大な物…確かに彼らは見た!!

「第11話」
手相、何故当たる?

手相学の先生曰く、脳と密に関連しているという手相。
豊臣秀吉、織田信長、徳川家康の物と言われている手形を見たところ…

「誰も信じなくていい!!でも私は見た!!」
誰にも信じてもらえないどころか笑われてしまう、奇妙なモノの目撃談。
見上げた空に、道端の花に、裏山に居たのは…確かに彼らは見た!!



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

アナタもワタシも知らない世界 オカルト万華鏡 著:流水りんこ

2012年05月06日 09:08

自称・霊感ゼロの著者がオカルトやスピリチュアル方面の疑問に斬り込む一冊。
嘘かホントか、思い込みかそれとも…そんな怪異を五編、自身の体験談一編、読書の体験談四編。


「第1話」
石自体に本当にパワーなんてあるのか?

友人に貰った途端、次々とトラブルを呼び込んだ赤い石の指輪。
著者はその指輪を恐怖体験 ―霊能者は語る―でもお馴染みの霊能者に預けたが…

「第2話」
予知夢は本当にあるのか?

深層心理から成るものか、ゆるやかなテレパシーか。
著者が見たという、知人の子供と身内に纏わる予知夢とは。

「第3話」
生まれ変わりは本当にあるのか?

タイ・シンガポール・インド辺りの新聞にたまに載るという転生した子供の証言。
自分が死んだ時だけでなく、その後の状況や親を選んで入り込むまで語る事があるという…

「第4話」
生霊、信じますか?

怨みや怒り、呪いからだけではないと思われる生霊の話。
著者もまた高熱で寝込んでいた時、三人の知人に外で目撃されたという…

「第5話」
説明のつかないような、ちょっとした変な体験の数々。

朝、山手線に乗り込み降車するまでほんの数駅。
新聞を読みながら仕事の段取りを考えていた彼が会社に着いた時…

「流水さんの心霊白書 奇怪体験、これ実話」
アシスタント二人と布団を並べ、眠っていた著者を襲った金縛り。
苦しむ姿を笑う声に、目を向けた著者が見た二人の姿とは…

「誰も信じなくていい!!でも私は見た!!」
「ほんとにあった笑っちゃう話」に投稿された、誰にも信じて貰えずしかも笑われてしまう奇怪な目撃談。
見上げた空に居たモノ、草むらに居たモノ、金縛りの時布団の上に居たモノとは…確かに彼らは見た!!



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。