--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

面妖夜話 ちょいコワ実話怪異不思議譚 著:捨文金五郎

2015年03月06日 19:24

著者が掻き集めたという体験談を漫画化。
多少の改変やオチの追加はあるものの、基本は実話だという短めの怪異を四十六編。

「塀の上の怪」
深夜、塀の上に居たゆらゆらと尻尾が揺れるモノ。猫かと思いきや。

「金縛り異聞」
夜中、布団の上に居たモノと朝残されていたモノ。

「コンビニの女の子」
たまたま立ち寄ったコンビニのレジで、見えたモノ見えなかったモノ。

「祠の怪」
通りかかった男に助けを請う老婆が居た場所とは。

「蔵の怪」
蔵の窓から大量に溢れ出した物。良い徴だと祖父は言うが。

「何かわからないもの」
近所の空き家に時々見えるという、何かわからないモノ。

「トイレの足」
出先のトイレに居た先客。しょうがないので…

「はごろも」
天女伝説のある土地で祖母が見せてくれた「本物のはごろも」とは。


面妖夜話―ちょいコワ実話怪異不思議譚
捨文 金五郎
ブイツーソリューション
売り上げランキング: 81,375

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。