--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実録!!ほんとにあった怖い話5 ~霊感まんが家・伊藤ゆみの心霊事件簿~ 著:伊藤ゆみ

2015年05月28日 19:26

雑誌連載分などの電子書籍化。
霊感のある漫画家による体験談を、漫画で六編。
1~5巻まで同時販売なのに被らせ過ぎで酷い。実質は二編。

「閉じた時間」
2巻の「夜の訪問者」と同内容。

「闇の向こう側」
夕暮れ時に男の影が映るという、2年2組のドアの窓。
たまたまその時間、ドアの前に立ってしまった著者が見たモノとは。

「初めての霊体験」
1巻・3巻の「幽霊アパート」と同内容。

「私があまり幽霊を見なくなったワケ」
「見える」ものの、どうする事もできない著者が頼る事にした霊能者。
しかし当日になると次から次へと邪魔が入り、案内してくれる友人までもが…

「夕暮れの悪霊」
「闇の向こう側」と同内容。

「見えない心霊写真」
3巻の「女たちの歴史」と同内容。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
スポンサーサイト

実録!!ほんとにあった怖い話4 ~丑三つ時の百物語~ 著:伊藤ゆみ

2015年05月27日 20:40

雑誌連載分などの電子書籍化。
霊感のある著者の体験談と読者体験談の怪異を、漫画で六編。

「憑いて来る」
立ち寄ったコンビニで見かけた、警察官に制止されている男女の揉め事。
女性の方と一瞬眼が合った、それだけの事でその夜…

「闇への誘い」
アニメスタジオで働いていた著者の霊感の強さに気づき、話しかけてきた男。
ひたすら避ける著者に構わず自らの霊力の強さを語るその顔は、まるで。

「誰か見ている」
入居後に飛び降り自殺のあったマンションだと知らされた、新婚の妻。
同情してしまったのが良くなかったのか、その夜…

「百物語」
暗く不気味な森を抜けた先にある、小さな踏切。
向こう側にいつの間にか立っていた綺麗な女性とすれ違う時…

「百物語」
恋人が乗った飛行機が墜ちたと泣き崩れる友人。
部屋で休ませた時、玄関のチャイムが鳴り訪れたのは…

「死神のアドレス帳」
数年ぶりに見つけた、高校時代のアドレス帳。
1ページ目から順に懐かしい友人達との会話を楽しんだが、Tのページに入った途端それは…


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

実録!!ほんとにあった怖い話3 ~遊女恋地獄~ 著:伊藤ゆみ

2015年05月26日 20:44

雑誌連載分などの電子書籍化。
霊感のある著者の体験談と読者体験談の怪異を、漫画で八編。
1巻との被りネタ有。

「顔のない少年」
友人に寄り添うようにいる、幼稚園児の男の子。
友人家を訪れた時に起きた異変と、男の子の正体とは…

「女たちの歴史」
夫婦で出かけた馬籠塾で存在を主張する、女たち。
写真にも写る彼女と、寝ている著者を引きずり出そうとした大量の手の想いとは。

「百物語」
海が見たいという、病弱な少年の願い。
せめてもの慰めにと、貝殻を拾いに海へ出かけた母親が出会ったのは。

「さまよえる魂」
「子殺し」がテーマの漫画を描いている最中に次々と起こる、トラブルや災難。
入れ込むあまりに何かを引き寄せたのか、無事終わらせた時には…

「主のいないお仏壇」
人物関係が異なるものの、1巻の「誰かが棲んでいる」と同内容。

「守護霊はドーベルマン?」
実家で見つけ持ち帰った、以前飼っていたドーベルマンの首輪。
以来感じる寄り添う気配を、著者は気の所為だと思ったが…

「降ってくる」
喧嘩の果てに、目の前で飛び降り自殺を遂げた友人の怨念。
罪の意識に苛み続ける彼女の元にある日、空から友人が微笑みながら…



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

実録!!ほんとにあった怖い話2 ~血塗られたトンネル~ 著:伊藤ゆみ

2015年05月25日 21:26

雑誌連載分などの電子書籍化。
霊感のある著者の体験談と読者体験談の怪異を、漫画で七編。
同じネタを1冊の中で被らせるのは如何な物か。

「もう一人の友達」
神社で遊んでいるときに感じた、もう一人の誰かの存在。
それは自宅まで付いてきたらしく、夜中に視線を感じた先に…

「S・Aの怪」
サービスエリアで一休みする車の周りを歩く、顔の見えない女。
金縛りになった彼女がいる側のドアに手を伸ばしたその女は…

「沈黙のドライブ」
高速道路上で突如スピードを上げ、他の車を追い抜き始めた運転手。
抜く車全てに張り付いていたソレは、次に。

「百物語」
濃い霧の中、迷ってしまった車を導く何者かの声。
ふと、声と逆の方へハンドルを切ったところ…

「百物語」
出ると噂のトンネル手前に一人、佇んでいた女性を拾った男の邪な思い。
突如車から飛び出し、トンネル内に戻った彼女をしばらく待っていたところ…

「夜の訪問者」
霊感の強い友人とまったく無い友人との3人で出かけた霊山。
山荘に泊まった3人を囲み、友人を引っ張ろうとするソレらに対し著者は。

「トンネルの中」
バイクで出かけた奥多摩のトンネルで背後に感じた、強力な視線。
振り向かなくともはっきりと解るソレは、実は有名な…


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

実録!!ほんとにあった怖い話1 ~怨念の渦巻く家~ 著:伊藤ゆみ

2015年05月24日 10:03

雑誌連載分などの電子書籍化。
霊感のある著者の体験談と読者体験談の怪異を、漫画で五編。

「誰かが棲んでいる」
結婚時、仕事の都合で後から著者が越してくる形となった新居。
日に日に増してゆく嫌な気配の元となる、押入れの奥には…

「幽霊アパート」
著者の夫が結婚前に棲んでいた、アパートの部屋の横を通る霊道。
以前は直撃している部屋に棲み、病に苦しんだという彼を救ったのは。

「誰かいる…」
「出る」という噂があり、事故の多い国道をバイクで走る男が感じた腰の感触。
その夜泊まりに来てくれた友人達は、何故か朝には居なくなっており…

「極楽浄土お見送りツアー」
霊感のある著者が見える情景。
時には、旅行の予定を楽しげに話す友人の背後に…

「噂の幽霊話」
話を聞いた人の元へくるという「カシマ」の噂話。
まったく信じていなかった学生時代の著者が従妹へ話したところ…


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。