--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怖い本(9) 著:平山夢明

2011年07月15日 23:50

平山夢明が書き下ろす、実話怪談本第九弾。
節電の夏に背すじも凍る怪異をここに、三十七編。


「四話 おじさん」
墓にさんざイタズラを繰り返し、逃げる子供達が出会った黒いスーツの男。
おじさんだという友と共に、どんどんと進む男に続き潜り込んだその先は。

「十三話 野糞」
風呂に入っても何故か取れない、うんこの匂い。
先日彼がどうしても間に合わず、つい致してしまったその場所には…

「十八話 黒猫」
引っ越した先で時折見かける、黒猫の姿。
野良なら飼いたいという友人の為、餌付けを試み写メを撮った彼女は実は。

「二十七話 手つなぎ」
孫娘が手を握っていないと瞼が開いてしまう、祖父の遺体。
母親と共に、そのまま一晩祖父と共に過ごす事となった彼女が見たモノとは。

「三十二話 予知」
二度に渡り彼女が見た、未来の自分の姿。
避ける事の出来なかったそれは果たして予知なのか。三度目に彼女が見たモノは。

「三十三話 散歩」
保母に連れられ公園へお散歩に向かう途中、園児達が見せる不思議な仕草。
彼らがいつも見ていたのは…

「三十五話 ボロアパート」
駅からも近く更にはペット可だというのに、家賃の安いアパートの一室。
すぐまた引っ越す事となったその部屋には、飼い猫がさんざ引っ掻いた傷が残ったが敷金は。


怖い本 9 (ハルキ・ホラー文庫 ひ 1-16)
平山 夢明
角川春樹事務所
売り上げランキング: 7283

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
スポンサーサイト

怖い本(8) 著:平山夢明

2009年12月06日 22:47

平山夢明が書き下ろす、実話怪談本第八弾。
平和に生きる人を闇に引きずり込む怪奇、三十五編。


「先輩」
デートの前日に廃墟探索。
最悪なお土産を持ち帰ったようで。

「お墨付き」
客によっては、くしゃみが止まらなくなるタクシーの運転手。
そんなお墨付きをもらっても嬉しくはないような。

「単独行」
命の恩人である彼のザックから覗いたモノとは。
生きた人間の方が怖い事も、ある。

「よりちゃん」
霊の存在を感知してくれるペット。
犬猫はよく聞くが、これは珍しい上に判り易い。

「イタ電」
夜中に鳴るケータイ。
それは着信音ではなく…

「巻き添え」
亡くなった人と、紙一重で難を逃れた人。
恨みというよりは…


怖い本〈8〉 (ハルキ・ホラー文庫)
平山 夢明
角川春樹事務所
売り上げランキング: 207591
おすすめ度の平均: 4.0
4 誰もレビューをつけていらっしゃらないので・・・

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

怖い本(7) 著:平山夢明

2009年12月06日 12:37

平山夢明が書き下ろす、実話怪談本第七弾。
今年もまた続々と押し寄せる、収まりきれぬ怪奇四十一編。


「心霊さん、いらっしゃい!」
廃墟や事故現場等を収めたビデオに付けられたタイトル。
招いたからには。

「浜」
誰もいないのには訳がある。
地元の人間の忠告を、軽んじてはいけない。

「おかわり」
関係者が立て続けに四人。
危うい所で助かった五人目の記憶から消えた、その仕事とは一体?

「猫が好き」
猫が好き、なモノ。
責任をとる為に友人は出てきたのか。

「自転車おばけ」
車の進入事故が多発する遮断機の無い踏み切り。
運転手の証言には共通点が…

「すし詰め」
旅先で宿を借りた海辺の寺。
朝、彼の身に起こった異変とは。


怖い本 7 (ハルキ・ホラー文庫 ひ 1-12)
平山 夢明
角川春樹事務所
売り上げランキング: 200920
おすすめ度の平均: 4.0
3 平平凡凡
5 狸ばなしから百ケン風不条理、方言まで 野心的試みがぎっしりの「聞き取り」怪談

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

怖い本(6) 著:平山夢明

2009年12月05日 20:56

平山夢明が書き下ろす、実話怪談本第六弾。
今夜もまた救いを求め集う怪奇、四十二編。


「長椅子」
ガタガタすると教えられた椅子の下には。
教えた人も、また。

「霊呼び」
誰でも持ってるモノを使う、その方法。
悪い霊ならその音が違うのだという…

「のろし」
赤ん坊から次々と立ち上がる白い煙。
原因は、母親が前日買った…

「おのれ」
もう一人の自分話、三話。
彼女が見たのは、自分のモノなのかそれとも。

「しなそ」
うたたねをする子供の耳に届く物騒な話。
目を開けてみたモノとは。

「印字撃ち」
祝い事となると当人そっちのけで主役の座につくモノ。
六歳の年に儀式を無事済ませるその時まで…


怖い本〈6〉 (ハルキ・ホラー文庫)
平山 夢明
角川春樹事務所
売り上げランキング: 50569
おすすめ度の平均: 4.0
4 誰もレビューをつけていらっしゃらないので・・・

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

怖い本(5) 著:平山夢明

2009年12月03日 23:57

すべて再録を終え、四巻で終わる筈が…
終息する事も無く溢れ続ける怪奇、四十二編。


「腐敗の家」
ありえないスピードで腐敗が進む家。
食べ物も、家も、そして人も…

「帳尻」
助けた犬に助けられ。
律儀にその時を待っていたのか、たまたまか。

「代わり」
修理の間に代替品。
車や携帯ならよく聞くが、これは…。

「百均本」
古本屋で買った本には。
最初に売った人は知っていたのかどうか。

「魂手箱」
男児が産まれた時に作り、死ぬまで大事に保管されるという箱。
決して開けてはいけない。だがそう言われると…

「疑問形」
中古で買ったパソコンが打ち出す言葉。
変化したソレを、前向きになったとみるか疑問形とみるか…


怖い本 5
怖い本 5
posted with amazlet at 10.01.17
平山 夢明
角川春樹事務所
売り上げランキング: 138152
おすすめ度の平均: 5.0
5 待った甲斐があった!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。