--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魑魅の館 著:さたなきあ

2012年07月23日 23:10

毎年恒例の安定した怪異をここに十九編。

「廃墟カメラマン」
多数の死者を出した焼け跡に潜り込み、無遠慮に撮影していたカメラマン。
作業員も避けたがるという場所で感じた異変にも怯まず、さらに撮り続けた彼は。

「地下鉄畸話 その1 鏡が割れる」
何度直してもいつの間にか鏡が割られてしまうという、地下鉄のトイレ。
その犯人を捕まえるべく、見張っていた駅員は何を見たのか。

「しめだされる!」
あるプツリと出社しなくなった男の言い分。
壊れてしまったと思われるその言葉を聞き流し、男を外へ連れ出した彼もしかし。

「こわがらない男
酒の席で意気投合した男に招かれた、明かりが煌々と灯る家。
明らかな異変を一向に気にしない男が言う「ケリをつけた」事とは。

「事故物件─死体不在の場合」
大量の血痕のみを残し、ただ住人だけが忽然と消えたアパートの一室。
何も知らず、その部屋に住む事となった青年が見たと訴えるものとは。

「本日休診」
看護師が少しずつ減り、やがて患者も来なくなった個人経営の医院。
その原因となったソレは、院長が一人きりになる時を待っていたのか…

「その枕は高価」
どこまでも合わず、散々いがみ合った姑が最期まで執着していた高価な枕。
天敵が居なくなって清々した嫁はその遺言を無視したばかりか、自らが使い始めたが…



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
スポンサーサイト

超怖いほんとうの話 著:さたなきあ

2011年06月23日 23:18

明日、出遭うかもしれない日常に潜む怪異。
或いは気づかないだけで既に傍に居るのかもしれない…そんな怪異を十四編。


「ふしぎな話し声」
諸事情により暫し住む事となった、逢う事もないまま急死した親戚の家。
その眼の前に建つ巨大な看板の周りで、その親戚が何を聞いたのか何を見たのか…

「踏み入る方か悪い」
夕方、最寄駅を降り家路につく人を突如襲う異変。
そのまま事故死する人が多い中、辛うじて生き残った人が語ったその時見たモノとは。

「地獄にホトケ」
間一髪、飛び込んだトイレに紙が無い。
恥を忍んで隣に声を掛け、難を逃れた筈の彼を襲った三度目の脅威とは。

「ノックが返ってくる」
偶然というにはあまりに頻度が高い、その怪異。
その日たまたま気まぐれで叩いたドアを開けていれば、そこに何かが答えが居たのか…

「自分が知らない親友」
外ではなく家で会いたいと言われ、訪れた親友の部屋の異変。
尋常な数ではないソレと、クローゼットで蠢く何かが居る部屋で親友は何を話そうとしていたのか…

「白い粉の話」
いつの間にか、あちこちに付着している少量の白い粉。
鍵の掛かった鞄の中にも入りこむソレは、果たしてただの嫌がらせなのか。知ってしまった粉の正体は…

「見た事のない店員」
たまに立ち寄る駅中の書店で遭遇した、客商売ではありえない容姿と態度の不快な店員。
スタッフルームに消えた彼女を追いかけた彼を出迎えたのは、責任者だったが。


超怖いほんとうの話 (ワニ文庫 K- 17)
さたなきあ
ベストセラーズ
売り上げランキング: 10024

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

とてつもなく怖い話 著:さたなきあ

2010年03月06日 02:37

もはや、何が一番恐ろしいのか解らない。
人と魔が曖昧になりつつある、そんな怪奇を十五編に都市伝説を三編。


「そこには何かが 1 早急物件」
「そこには何かが 2 早急物件・付記」

保証人無しでも、即入居可能な安い部屋。
訳有りには訳有りを。空いているのはやはり。

「箱の中身」
屋根裏で見つけた箱の中身。
干からびて正体不明のそれをまるで見せつけるように現れたモノは。

「異常、ナシ!」
何度点検しても異常が認められないエレベーター。
一晩閉じ込められた彼が聞いたのは、それを嘲笑うかのような。

「ハサミの家」
何の変哲もないハサミ。それで何かした訳でもないハサミ。
雨に降られ、つい飛び込んだ家にあったのは…

「闇汁の会」
何が入っているか判らない闇鍋。
何が混じっているのかも、解らない…

「時間差」
大喧嘩の挙句、夫に殺された妻。
近隣住民による証言と夫の供述に矛盾は無い。ズレているのは…

「呼び出し音」
死んでもなお、執着する物は数あれど。
壊れる程弄り倒してまだ足らないというのか。


とてつもなく怖い話 (ワニ文庫)
さたなきあ
ベストセラーズ
売り上げランキング: 112088
おすすめ度の平均: 2.0
2 購入動機は完全ローカルです

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

あなたの隣の怪談集 著:さたなきあ

2010年02月28日 23:16

すぐ傍にいるかもしれない、何か。
明日当事者になるかもしれない何かを…十五編に、都市伝説を三編。


「倉庫街怪話」
二階から呼ぶ声に応えてはいけない。
先輩の忠告は聞きましょう。それが経験から来るものならなおの事…

「進入禁止」
それは警告か、それとも罠か。
立札のある豪邸に忍び込んだ空き巣を出迎えたモノは。

「難産」
隣家で行われていた出産。
その時、子供が見たモノは科学で証明できるのかもしれないが…

「後部トランク」
ある車から、時折漂ってくる異臭。
そこには何もない。しかし彼が見たモノと噂から推測されるモノはただ一つ。

「ばんそうこうの子」
女子高生が一度はハマるお呪い。
最初はよくお願いを聞いてくれたのだという、彼女の「カミサマ」とは…

「失踪ノート」
突如姿を消したフリーライターが残したノート。
徐々に追い詰められていく彼は、一体何に触れてしまったのか。

「もの食うはなし」
電車内で老人が。路上で若い女性が。
彼が見たのは生きた人間なのか、それとも。


あなたの隣の怪談集 (ワニ文庫)
さたなきあ
ベストセラーズ
売り上げランキング: 580393

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

たまらなく怖い怪談 著:さたなきあ

2010年02月28日 01:52

今や、生きた人間こそが恐ろしい。
そんな世の中を嘲るかの如く忍びよる怪奇を十六編に、都市伝説を三編。


「嫌なモノ二題 1 猫が…いる…」
異常な訴えを繰り返す夫の精神を疑い心配する妻。
しかし彼女は気づいていない。自らの異変には…

「嫌なモノ二題 2 てるてる坊主が嫌いだ」
やつれた友人から引き継いだ安い部屋。
何度捨てても戻ってくる、ソレの持ち主は未だ。

「管理人は知っている 1 散歩には適さないコース」
犬が異常に吠える、散歩コースのある一画。
ごく普通のマンションの、ごく普通の駐車場の筈が。

「管理人は知っている 2 浴室掃除」
気が付けばいつも聞こえる隣室の物音。
耐えに耐え続けた隣人は何と戦っていたというのか。

「向かいの車」
深夜、車の周りを囲む向かいの一家。
時に車内にただじっと座っているだけのそれも、恐らくは。

「食堂畸談」
鍵の掛った倉庫からする物音、話し声。
気にしなければ働ける。しかし、外に出てきているのでは…?

「投身後日譚」
雨の夕刻、突如傘が重くなる。
重力に従い徐々に落ちてくるそれを、見てはいけない…


たまらなく怖い怪談―身の毛がよだつ実話集 (ワニ文庫)
さたな きあ
ベストセラーズ
売り上げランキング: 582633
おすすめ度の平均: 2.5
1 なんだこれ?
4 普通の怪談

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。