--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

呪われた廃墟の怖い話 著:久瑠璃魎

2010年03月07日 20:16

「廃墟の」とはあるものの関係無い話も有。
誤字脱字と矛盾と聞き飽きたネタが何より怖い、そんな怪奇を三十五編。


「廃船からの声」
座礁したまま捨てられた船から漏れる光、そして非通知で来る電話。
それは行方不明のままの乗務員によるものなのか…

「空き屋」
有名すぎる都市伝説「赤いクレヨン」そのまんま。捻りなし。

「廃車置き場の怪」
道に迷い、廃車置き場に辿りついた夫婦を出迎えたモノは。
廃車にある筈の無いソレは、メッセージという事で。

「恨みを具現化する古いパソコン」
廃棄すべくOSまで全てを消去した筈の古いパソコン。
コンセントすら差して無いそれは夜な夜な立ち上がり、更には…

「豪邸が招いた凶事」
あり得ない程安い売家。
それに似合った外見に、つい悪口を言った夫婦を襲ったモノとは。

「廃校での肝試し」
廃校となってしまった母校を懐かしむついでの肝試し。
彼らが見たのは学校に住むモノか、あるいはそれ以前からいたモノか。

「廃棄された病院」
廃病院を録音しながら探索し、カルテを持ち帰る。
お約束の展開にお約束のオチ。


呪われた廃墟の怖い話 (竹書房文庫)
久瑠璃 魎
竹書房
売り上げランキング: 1085154
おすすめ度の平均: 2.0
2 怖い話の好きな人だけに…
2 これは…実話…なんですか?

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。