--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「実話」怪談草紙 著:上原尚子

2010年04月10日 22:44

女性の目線から描く実話怪談。
自身も見る人だという、そんな彼女の元に集まった怪異を十四編。


「合図」
控え目ではあるが毎夜やってくる遊びの誘い。
近隣住人は皆、ソレを当たり前のように…

「小さな骨壷」
誰の物とも知れない、いつの間にか墓に入っていた骨壷。
心当たりがあると語る祖父の話はとても信じがたい物ではあったが…

「僕に似ているアイツ」
枕元に立つ自分と似た、だけど少し違うソレ。
ソレの示す物に間違いは無く、逆らう事も出来なかった。そして。

「甘い匂い」
彼女を自室に招いた途端、振られてしまう彼。
最初、女性にしか解らなかったソレは徐々に…

「隙間」
父も母も感じていた何者かの視線。
子供には何かが見えていたのか、今もまるで探すかのように。

「可愛いあの娘」
彼女が出来た途端、部屋に現れた美少女フィギュア。
仕舞い込んでも捨てても部屋に戻るその顔は。

「会社の掟」
正社員になる為には、ある事だけを守ればよい。
害はないが度々見るソレを、気にさえしなければ…


『実話』怪談草紙 (竹書房文庫)
上原 尚子
竹書房
売り上げランキング: 602186
おすすめ度の平均: 1.0
1 残念ですが

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。