--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木原浩勝の現代怪談集 百怪忌 どなたですか 著:木原浩勝

2011年08月20日 18:27

携帯コンテンツ「MiChao!」で連載していた実話怪談漫画。
昨年出版されたコンビニムックの収録分から厳選した十五編に書下ろし一編を加えた、そんな怪異を十六編。


「もう座れない」
目の前で事故を起こした車に取り憑いていた、黒い影。
次にその影が彼女が乗る車に迫ってきた時、後部座席に居た幼い妹は…


百怪忌 どなたですか 木原浩勝の現代怪談集 (HMB 特 9-1)

ホーム社 (2011-08-18)
売り上げランキング: 5133

漫画:高芝昌子/桟敷美和/桜沢鈴/温出真巳/鯛夢/寝猫/千之ナイフ/鯖玉弓/洋武/稲垣みさお

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
スポンサーサイト

木原浩勝の現代怪談集・百怪忌 あなたを連れていくもの 著:木原浩勝

2010年08月09日 19:45

携帯コンテンツ「MiChao!」での連載漫画をコンビニムックに纏めた後篇。
是非とも完結して欲しかった、そんな怪異を十二編。


「どなたですか」
出張先のホテルで見た、男の影。
二度目・三度目と現れたその姿は…さらに四度目は。

「ペンションの闇」
一人遅れて来た彼を脅かす為、仕掛けたのは立ち入り禁止とされた部屋。
大成功に終わったかと思われたドッキリで、彼は何を見たというのか。

「ステイ」
キャビンアテンダント達が共有する、ホテルの情報。
信じなかった機長が見たというモノは。

「りえちゃんのお守り」
ご利益なのか、母の想いか、あるいはそれ以上の何かか。
小学生を守りきった、お守りの話。

「閉ざされた階段」
階段に住みつき、その存在を主張する何かを二話。
家にさえ入ってこなければ、住み続けられるだろうか…?

「人のかたち」
マンションの管理会社の者が見た、人の形に残るモノ。
そこで人死にがあったのなら、彼が知らない筈がない。では…?

「スカートをはいた男の人」
古い家に越して以来次々と起こる怪異、そして床下から見つかったモノ。
お祓いは効かなかったのか…生垣の傍に立つソレはスカートをはいた…



作画:
桟敷美和/高芝昌子/桜沢鈴/鯛夢/温出真巳/鯖玉弓/寝猫/稲垣みさお

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

木原浩勝の現代怪談集・百怪忌 おそろしい部屋の話 著:木原浩勝

2010年07月13日 00:22

携帯コンテンツ「MiChao!」で連載していた漫画をコンビニムック化。
百話続く事はなかったものの、埋もれるにはあまりに惜しい怪異を十二編。


「ぽたりぽたり」
夜中天井から垂れ下がり雫を垂らす、光るモノ。
害はなさそうだからと彼は言うが、後輩の目には…

「きゅうくつな部屋」
恋人が訪ねて来る度に、違和感と圧迫感が増す部屋。
彼女は何も悪くない…が、何を置いていっているというのか。

「インコと死神」
可愛がっていたインコが死ぬ前に見た、死神の夢。
再び同じ夢を見た時、そこにいたのは。

「首」
無かったり、覗いたり、転がったり。
説明のつかない、一瞬の遭遇。

「3台の自動車」
車から出てきたモノ、中に居たモノ、漏れ出ていたモノ…
何があったのかなど恐らくは永遠に解らない、他人の車の中…

「ひとりで眠るな」
子供の頃には知る由のなかった、しきたりの意味。
その部屋ではひとりで寝てはいけない。たとえ一瞬でも…

「ぽっかりと、穴」
通学途中の用水路にぽっかりと開く暗い穴。
そこから見上げる黒い人影は、ずっとその時を待っていたのか。


木原浩勝の現代怪談集・百怪忌/おそろしい部屋の話―新耳袋 (SHUEISYA HOME REMIX)
木原 浩勝
ホーム社 (2010-07-12)
売り上げランキング: 23281

作画:
桟敷美和/温出真巳/桜沢鈴/千之ナイフ/鯖玉弓/高芝昌子/寝猫/鯛夢/洋武

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。