--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒塗怪談 笑う裂傷女 著:黒史郎

2011年08月29日 23:45

黒史郎と平山夢明の厭なコンビは、さらなる段階へ。
黒丸ゴシックが生者の狂気なら、こちらは死にきれない者の怪異を三十二編。


「バチ」
選んだその言葉に何の意図もなかった、子供の一人遊び。
父の警告も聞かず続けたその結果を、教師となった彼女が生徒に話した所…

「たぬき」
夕食後の平和な団欒を突如邪した、二階の物音。
決して近寄ろうとしない隣人が、たぬきと呼ぶものは一体なんだったのか。

「大白猫」
彼の部屋から丸見えだという、向かいのマンションの一室。
異様に真っ黒な部屋に浮かび上がる、大きな白い猫かと思われたソレは。

「走る女」
めたらめったら、神出鬼没に出まくるという白い女。
生きた人間ではないのかと言いたくなるほど目撃されまくっているその女はしかし。

「サユリ」
二日に一度は知り合いの幽霊を見た、死んだに違いないと騒いでいた元彼女。
別れて二年、全く連絡も取らず消息も知らない彼女は今ひょっとして…

「くらげさん」
動物図鑑を愛読しその種類に詳しい息子の部屋に遊びに来たという、クラゲ。
息子が真似るその鳴き声は、まるで…

「輝く男」
妹のように可愛がっていた友人の葬儀で一人、輝きを纏っていた男。
恋人と思われるその男に向けた、彼女の想いは果たして…


黒塗怪談 笑う裂傷女 (竹書房 恐怖文庫)
黒史郎
竹書房
売り上げランキング: 984

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
スポンサーサイト

黒丸ゴシック2 人間溶解 著:黒史郎

2011年01月30日 08:54

黒史郎と平山夢明の厭なコンビ、再び。
溶けて流れ出た理性は二度と戻らない…そんな狂気を三十一編。


「ヤリケン」
入ってきた女性バイトを食っては捨てる、最低な男が目覚めて見た光景。
そこに居たのは酷い捨て方をした女。ソコにあったのは。

「歓迎します」
特に不良が居るという訳でもない、ごく普通の公立高校。
そんな学校で十年以上受け継がれているという、新入生への歓迎の儀式とは。

「いきすぎた指導」
過ぎた体罰で生徒に怪我をさせて以来、その任を解かれ壊れた生活指導の主任教師。
壊れたまま主任であり続ける彼の行為と、学校の対応は…

「スイッチ」
突如、奇怪な行動を取り孫を怯えさせる無表情な祖父。
それは怒りから来るものではなく、ただ覚えてしまった事をもう一度・二度…

「ホーチキツケテ」
深夜、チャイムで目が覚めた時既に玄関は煙に巻かれていた。
ベランダから逃げるべく窓に手を掛けた彼女を、ドアの向こうの声は必死に。

「親切心」
駆け込んだ駅のトイレに紙が無い。
そんな緊急事態に彼が縋った、見知らぬ誰かの善意と思われたソレには。

「ミミック」
彼女に憧れるあまり、どんどんその姿に近づいてゆく男。
きっぱりと拒絶され全てを辞めようとした、彼はもう。


黒丸ゴシック2 人間溶解 (竹書房文庫)
黒史郎
竹書房
売り上げランキング: 1613

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

黒丸ゴシック1 人間崩壊 著:黒史郎

2010年07月31日 21:26

黒史郎と平山夢明の最凶タッグ、ここに誕生。
壊れた人間の不思議で怖くて不気味な狂気を、ここに三十編。


「ブービートラップ」
ガードレールの落書きと、供えられた人形と花。
それは、供物ではなく餌なのだろうか。

「クジラマク」
介護士が見た、ある老人の孤独死。
誰にも看取られる事のなかった彼を悼むかのようにそれは…

「孫の手触り」
哀れな老人が危惧した、最悪の事態だけは避けられた。
しかし、彼女にとってそれはもう。

「習性」
仕事が真面目で人懐こく誰からも好かれた青年の、日常の一部。
世話になった人へ贈るべく彼が作りつづけるモノとは。

「他力本願」
改装工事の現場に乞いに来る女。
金でも食べ物でも人でもない、彼女が欲しいと願うのはただ一つ。

「膿座布団」
新聞配達途中の少年を襲いその尻に噛みついた野良犬。
狂犬病より恐ろしい、その犬は直前まで…

「スライディング」
シャコタンの下に潜り込んでしまった、モノ。
猫ではない、霊でもない。ならば。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。