--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不思議幕の内弁当 ―怪談亭特製・恐い話51品 著:八樹輝虎

2010年08月07日 14:23

前書きも後書きも何一つ必要のない。
著者自身や友人知人の体験をぎっしり詰め込んだ、怪異を五十一編。


「2・山奥のサラリーマン」
深夜の山奥で出会ったスーツ姿のサラリーマン。
生者にしろ死者にしろ、とても普通とは思えない点は。

「14・ブログ」
たまたま辿りついた怪談が綴られたブログ。
見て回るうち、耳に残ったBGMがその後…

「23・心中」
海へ向かい、猛スピードで走る車に一体何があったのか。
目を瞑らされていた子供は、何も見ていなかった…

「27・血痕」
心霊スポット巡りを趣味にした男の車にこびり付く汚れ。
徐々に増えていくそれをそのまま運転する男も怖いが、その後。

「37・プール」
線路沿いに建つ高校のやはり線路沿いにあるプール。
使われなくなった、その理由とは。

「43・粒粒の人」
ゆらゆら歩く白い人影をバットで倒した人の話。
まさかの手応え、まさかの正体、そして…

「51・書き込み」
PCの前を離れた隙に書きこまれるという、謎の文字列。
猫でも飼っているのでなければ、誰が?


不思議幕の内弁当―怪談亭特製・恐い話51品
八樹 輝虎
文芸社
売り上げランキング: 422905
おすすめ度の平均: 4.0
4 荒削りな文の中に、身近な怖さ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。