--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新恐怖の百物語 編著:関西テレビ放送

2010年08月27日 23:50

視聴者の声に応え復活した、関西ローカルの人気番組。
旧作に決して劣らぬ怪異をここに、四十編。


「???……七人の子供たちに十五本の手!」
寒い寒い寺で、火鉢をぐるりと囲む子供たちに紛れ込んだ何者かの手。
七人全員が見たそれはしかし、それぞれ食い違いが…

「林間学校の恐怖の一夜」
夜中に突如フラフラと起き出し、同じ方向へ向かう四人の女の子。
最初目指した部屋は級友によって阻止されたが、その後向かった先には…

「お盆に映したビデオに、見知らぬ少女の影が……」
河原でバーベキューを楽しむ家族に紛れ込む、少女の姿。
淋しかったのか一緒に遊びたかったのか。帰ろうとする家族を引き留めるかのように。

「山上の高校では午後七時をすぎると……」
校則にはない、けど誰もが知っているその決まり事。
午後七時までには学校を出なくてはいけない。もしも過ぎてしまったら。

「死神を呼んでしまった私」
毎日毎日死にたいと願い続けた彼女の前に現れたのは。
その異常な心理状態が見せた幻影か、それとも。

「真夜中、飛び降り自殺の現場で……」
深夜、背後で聞こえた尋常でない大きな物音。
確認するべきだったのだろうか、そのまま帰宅した彼の身には…

「二本の尻尾を立てて歩く白い大猫」
その小学生にしか見えなかった不思議な猫が消えた先。
誰かに見つけて欲しかったのか、そこにあったのは。


新恐怖の百物語 (二見文庫―二見WAi WAi文庫)
関西テレビ放送 関西テレビ= KTV=
二見書房
売り上げランキング: 519459

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
スポンサーサイト

恐怖の百物語 第5弾 編著:関西テレビ放送

2010年08月21日 18:36

関西テレビの人気番組の書籍化第五弾。
番組スタッフをも巻き込む、そんな怪異を二十一編。


「靴飛ばし、しましょ」
家を改装する間、移り住んだ古い古い借家。
深夜、靴を廊下に落とし子供を遊びに誘うモノは…

「姿なきアパートの住人」
誰もいなくなった筈の部屋に居残りつづけたモノ。
何も知らない解体業者が見たモノとは。

「心霊写真から抜け出す霊」
広島で撮ってしまった怖ろしい写真。
恐怖より好奇心が勝り、焼き増しした彼女の元へ現れたのは…

「板塀の上のおじいさん」
自転車の荷台に乗る小学生と同じ高さを移動する、老人の顔。
板塀の隙間から見えた、その下は。

「スキー旅行の恐怖の一夜」
深夜に遠くの家の窓から手を振る子供、
つい応えてしまった生徒たちの、何故か二人だけに起こった異変とは。

「格安マンションに隠された秘密」
新築の筈のマンションで夜な夜な起きる怪異。
御札を貼り、収まったと思われたそれは矛先を変えただけに過ぎなかった。

「花嫁人形が泣いている……」
花嫁道具として持ち込んだフランス人形に起きた異変。
人形は最初から見抜いていたのか…それとも。


恐怖の百物語〈第5弾〉 (二見文庫―二見WAi WAi文庫)
関西テレビ放送 KTV= 関西テレビ=
二見書房
売り上げランキング: 1044189

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

恐怖の百物語 第4弾 編著:関西テレビ放送

2010年08月15日 18:28

関西テレビの人気番組の書籍化第四弾。
まだまだ終わる事のない、そんな怪異を二十一編。


「首のない市松人形」
霊など信じていなかった大学生が見た、曰くつきの市松人形。
注意された事を忘れ、触ってしまった彼女たちはその後。

「僕を誘いにやってくる赤いマニキュア」
約束が果たされたなら、恐らくは恋人になれただろう女性の事故死。
彼女はその約束を守る為…

「霊を招く恐怖のドライブ」
帰り道で事故を起こし、救出された時既に彼はいなかった。
最初からずっと助手席にいた筈の友人は、一体何がどこから…?

「怪現象を招く呪いのピアノ」
引っ越しを機に手に入れた、高級なピアノ。
しかし知り合いから譲られたのは、それだけではなかった…

「不気味な足音の響くアパートの一夜」
留守を頼まれたその部屋で猫と共に見た、訪問者。
その後すぐ引っ越したという、部屋の主は果たして無事に逃げきれたのか。

「黒猫の祟り」
虐待していた者と、車で轢いてしまった者。
最終的に猫が取り憑いたのは…

「私といっしょに行こう……」
恋人との旅行中にチラつく影。
ついに彼女が見たその姿は、彼にしがみ付くように寄り添った…


恐怖の百物語〈第4弾〉 (二見文庫―二見WAi WAi文庫)
関西テレビ放送 KTV= 関西テレビ=
二見書房
売り上げランキング: 970084

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

恐怖の百物語 第3弾 編著:関西テレビ放送

2010年08月14日 23:14

特番となった後も人気が衰えない番組の書籍化第三弾。
放送当時警告の電話まであったという、そんな怪異を二十四編。


「指切りげんまん嘘ついたら」
入院中に知り合った女の子との約束。
元気になったから遊ぼうと誘う少女の、その姿は…

「入居者のいつかない新築マンション」
いつの間にか開く襖、どこからともなく聞こえる水音。
元は何の土地だったのか、入居者の前に現れたのは…お坊ちゃま?

「姿なき深夜の訪問者」
女性専用マンションで深夜、誰かを呼ぶ女の声。
友達に話しかけるようなその声は、お経を唱えたその瞬間。

「女子高生四人、恐怖の肝試し」
四人のうち、三人に起こった異変。それは彼女たちの悪戯だった。
しかし助けを求めに行った一人が見、そして体験したモノは…

「夢ではなかった、真夏の夜の悪夢」
飛び込みで入った宿の、たった一つ空いていた部屋は四面の部屋だった。
悪夢だと思いたかったソレは…

「霊界から戻ってきた心やさしい死者」
事故死した者が妹の身体を借りてでも告げたかった事。
彼は引きこまれてしまったのか…残った家族だけは守る為に。

「決まって夜十時にやってくる訪問者」
畳の上を這いずり寄ってくる、不気味なモノ。
一部始終を録音した、録音してしまったテープは捨ててもまた…


恐怖の百物語〈第3弾〉 (二見文庫―二見WAi‐WAi文庫)
関西テレビ 関西テレビ放送
二見書房
売り上げランキング: 931016

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

恐怖の百物語 第1弾 編著:関西テレビ放送

2010年08月10日 20:06

半年に渡り関西テレビで放送された、人気番組の書籍化第一弾。
放送中に数々のハプニングを呼び込んだという、そんな怪異を二十九編。


「車の助手席に忍びこんでくる奇妙な影」
新車を買って以来、何故か次々と起こる怪異。
ただの切っ掛けに過ぎなかったのか、車を手放した後も。

「決まって午前二時に起こる謎の風の正体」
閉め切った部屋で一晩に一度だけ吹く、謎の影。
風が吹く方向を見極め、その瞬間を待ち構えた彼らは見てしまう事となる。

「猛吹雪の山小屋で聞いた死者たちの歌声」
雪の中、置いて行かざるを得なかった仲間の遺体。
命からがら山小屋へ避難した彼らが過ごした恐怖の一夜と、その真相は。

「私の血を凍らせた黄色いビーチサンダル」
星も月も無い浜辺で花火を楽しむグループに紛れ込んできた何か。
懐中電灯の明かりの中に、浮かび上がったモノは…

「波間に浮かぶ白い腕の恐怖」
夜の海で見た不気味に揺れる白い腕。
次の日、浅瀬で転んだまま起き上がれなくなった彼の身に起きていた事とは。

「演劇部の部室で恐怖の"招霊遊び"」
テレビを真似、軽い気持ちで行ってしまった招霊の結果。
ただの集団ヒステリーか、それとも何かを呼び出してしまったのか…

「入居者を震えあがらせる恐怖の下宿部屋」
友人宅を泊り歩き、下宿に戻ろうとしない大学生。
彼が見たというとても信じられないモノを、しかし友人も父親もまた…


恐怖の百物語〈第1弾〉テレビで大人気霊体験の実話集 (二見文庫―二見WAi WAi文庫)
関西テレビ 関西テレビ放送
二見書房
売り上げランキング: 867978

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。