--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怪談実話コンテスト傑作選2 人影 編:『幽』編集部

2011年04月23日 22:56

第二回『幽』怪談実話コンテストより選出された、次世代の怪談集。
怪談界の重鎮たちが厳選した受賞作七編に、書き下ろし七編を追加。


「カベトラ」
大きな鏡に隠されているという、壁のシミ。
ちょっとした事故で壊れた鏡の下に現れたのは、噂通りのモノともう一つの。

「四白眼の女」
泣きじゃくる知人の娘が「居る」と指差した不気味な女。
それはただのカレンダーに過ぎない、筈だったが。

「こどもがえり」
広くは無いエレベーターに同情する事となった、ごく普通の一家。
降りる事無く消えたその内の一人は、てっきり…

「トキ」
犬の散歩中、ついうっかり忘れてしまったオトシモノ。
その夜飼い主と犬を襲った何かは、それをうっかり踏んでしまった…?

「葬儀は続く…」
「家名」の象徴として造られたものの、次から次へと不幸を呼び込んだ巨大な墓。
祖父の遺言を破ったとたんに、その過は再び…

「茶室の怪」
寺の離れに建てられた古く湿気の酷い茶室。
その部屋で寝ることになった兄弟の元へ現れたソレは、恐らくその地の。

「山へと誘う人影」
自主製作の映画撮影の為入り込み迷った山中で出遭った、手を振る人影。
既に深夜、かなり離れたその場所へ向かった彼らが見たモノは。


怪談実話コンテスト傑作選2 人影 (MF文庫 ダ・ヴィンチ か 2-2)
加門七海、東雅夫、平山夢明、福澤徹三/編
メディアファクトリー
売り上げランキング: 1433

著:江原一哲/崩木十弐/湯菜岸時也/奥本徹/北葛飾狸狐/いど泉/若本衣織
編:加門七海/東雅夫/平山夢明/福澤徹三

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
スポンサーサイト

怪談実話コンテスト傑作選 黒四 編:『幽』編集部

2010年05月04日 21:28

第一回『幽』怪談実話コンテストから生まれた次世代怪談。
怪談の大家達が厳選した受賞作八編に、書き下ろし八編を追加。


「黒四」
部外者には想像もつかない程、過酷なダム工事。
関わる者達の絆は死んでもなお強く…

「ロンドンから東京へ 霊と私と、時々、犯罪者」
異国の地での怪異に、生きた人間からの犯罪被害。
更には帰国してからも…どれほど引きが強いというのか。

「井戸のなか」
水を湛えた井戸に落ちた小学生を襲った何か。
理知的で一理ある父の説明など、その土地に住む者は信じない。

「細い腕」
昇りと下りで段数が変わるという神社の石段。
他愛もない間違いに気づき、油断した子供だけを狙ったモノとは。

「赤い車に関する記憶」
修学旅行の写真の中に紛れ込んだ、覚えのない一枚。
見る度それは変化していき、そして最後には持ち主さえも。

「ささやき」
とても解り易く、強烈な先制パンチ。
それは「しにますよ」の核心に迫る、まさにその瞬間…

「しにますよ」
まるで覚えのない原因不明の火事のなか、焼け残ったソレ。
数々の異変も警告も無視し、書き下ろした彼は果たして無事でいるのか。


怪談実話コンテスト傑作選 (MF文庫ダ・ヴィンチ)

メディアファクトリー
売り上げランキング: 2630
おすすめ度の平均: 4.0
4 史上初の試み

著:三輪チサ/岡野皆人/宍戸レイ/西園寺リュカ/谷一生/戸神重明/貝田和/黒木あるじ
編:加門七海/木原浩勝/東雅夫/平山夢明/福澤徹三

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。