--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怪奇心霊語り 光と闇のシャーマン編 語り:加門七海 画:JET

2015年05月17日 21:13

恐ろしくも愉快な心霊体験漫画・第四弾。
漫画を六編と、裏話を語るコラムを六編。

「怪奇心霊語り 第十三夜」
青山で行われたというシベリアのシャーマン二人による、パフォーマンス。
ブラックシャーマンの彼により続々と集まってしまったそれらを、ホワイトシャーマンは…

「怪奇心霊語り 第十四夜」
観光に力を入れ、祀られている武将の「身代わりお守り」を作り出したとある神社。
加門氏の怒りが同調したのか、その時話しかけてきた神主が見たと思われるものとは。

「怪奇心霊語り 第十五夜」
歴史のあるホテル内に佇む、クラシカルでジェントルな幽霊達。
老朽化の為取り壊されると知った加門氏が再び訪れたところ…

「怪奇心霊語り 第十六夜」
加門氏が一目惚れし大学を決めたという、陽だまりの霊。
古戦場跡だというこの校内には他にも、夜になると…

「怪奇心霊語り 第十七夜」
ある日、自宅のTVの横に現れたという黒い存在。
風呂や水でもてなした所、はっきりと見えるようになったその姿とは。

「怪奇心霊語り 第十八夜」
思わず見惚れてしまったという、圧倒的な存在感のある妖艶な女性。
加門氏が見たと言う、その傍に寄り添う美しいものとは。

怪奇心霊語り光と闇のシャーマン編 (HONKOWAコミックス) (ほん怖コミックス)
加門七海 JET
朝日新聞出版 (2013-03-07)
売り上げランキング: 48,864

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
スポンサーサイト

怪奇心霊語り 鬼神来訪の怪編 語り:加門七海 画:JET

2010年10月09日 00:17

恐ろしくも愉快な心霊体験漫画・第三弾。
漫画家の方も怖い思いをしている漫画を四編と、裏話を語るコラムを四編。


「怪奇心霊語り 第九夜」
深夜、先生の部屋だけ消えた電気。
ブレーカーを上げても戻らない。そんな闇の中で鳴り響いたのは…

「怪奇心霊語り 第十夜」
夢で不動明王と泰山府君に逢ったという先生。
泰山府君には追い返されてしまったというが、もしも受け入れられてたら?

コラムにある不動明王との会話がやはり笑える話に。
そこを聞きますか。

「怪奇心霊語り 第十一夜」
先生の父親の前に現れその寿命を告げたという鬼。
しかしその運命は何故か変わり、二度目に現れた鬼は…

「怪奇心霊語り 第十二夜」
遺跡を訪れた先生に憑いて来て、色々やってくれたヒト。
主張の激しい、そしてかなりの身体の持ち主だったようで。


ほんとにあった怖い話コミックス 怪奇心霊語り3 鬼神来訪の怪
加門七海&JET
朝日新聞出版
おすすめ度の平均: 5.0
5 全く怖くない霊体験報告(ほめ言葉)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

怪奇心霊語り 上野・彰義隊の怪編 語り:加門七海 画:JET

2010年10月08日 23:26

恐ろしくも愉快な心霊体験漫画・第二弾。
しっかり笑いは外さない漫画四編と、裏話を語るコラムを四編。


「怪奇心霊語り 第五夜」
一度ならず二度までも、、祀っていたお稲荷を粗末にした一家に降りかかる怪異。
話にならないと思われたか、そのメッセージは家族にではなく。

「怪奇心霊語り 第六夜」
上野の山にある彰義隊の墓に思い入れを持つ先生。
その想いにシンクロしてしまったのか呼んでしまったのか、傍から見ると…

「怪奇心霊語り 第七夜」
取材で神社へ出かけた先生と、スタッフ四人。
ただの"被写体"としか見ていなかったカメラマンがしでかした行為への、手痛いお仕置きとは。
…やっぱりどっちかと言うと笑える話。

「怪奇心霊語り 第八夜」
東京のとある場所で先生をナンパし、付き纏ったヒト。
そのしつこさにキレた先生が取った手段は、上司へのチクリだった!!


怪奇心霊語り 上野彰義隊の怪編 (ほんとにあった怖い話コミックス)

朝日ソノラマ
おすすめ度の平均: 5.0
5 ちょっぴり怖くてちょっぴり涙 不思議話

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

怪奇心霊語り 埋蔵金発掘の怪奇編 語り:加門七海 画:JET

2010年10月07日 23:20

色々見るけど怖がらない小説家と、怖いものが嫌いな漫画家のタッグ。
怖いのに何故か笑える漫画を四編と、その裏話を語るコラムを四編。


「怪奇心霊語り 第一夜」
何故か埋蔵金発掘に付き合わされてしまった加門先生。
その名前を聞けば思わず納得。埋めた人が人だけに一筋縄ではいかないようで。

「怪奇心霊語り 第二夜」
取材で泊った温泉旅館に迫りくる、大きなモノの気配に先生が取った対応は。
趣味で出掛けた河童探しでは、河童は見つからなかったけど…?

「怪奇心霊語り 第三夜」
山登りが大好きな先生。やはり当然というか色々と見るようで。
恐山からの帰りに見たと言うモノが一番のインパクト!!

「怪奇心霊語り 第四夜」
深夜、導かれるようにして辿りついたボロボロに荒れ果てた神社。
その中にはとても美しい物と、とても恐ろしいモノが…

冒頭の、夜中に圧し掛かってきた霊への対応がやっぱり笑い話に。


怪奇心霊語り 埋蔵金発掘の怪奇編
加門 七海
朝日ソノラマ
おすすめ度の平均: 4.0
5 加門七海先生の不思議な話 怖くないなんて嘘だ!!
4 ユニークな人・加門さん
4 怖い話?笑える話?
4 視える人、それぞれ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。