--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こわいこわい話 編:心霊リサーチ研究所

2010年10月11日 11:34

タイトルとは名ばかりの、怖くはない怪談話。
前回までの二作とは違い、ありふれた怪異を三十八編。


「電車の窓の手」
人身事故があった日には必ず見る、電車の窓に貼りつく手。
しかしその日は何故か手だけでは済まなかった。

「ホワイトアウトのナビゲーター」
視界最悪な猛吹雪の中、恐る恐る進む車の前に現れた軽トラ。
先導するかのようにずっと前に居た筈のその姿は、吹雪を抜けた時…

「住人が出ていく」
瑕疵物件でもないのに何故か住人が居着かない一室。
ついに自殺者まで出ることとなり、霊能者によって処理された筈なのだが…

「暗闇で消えた家族」
壁から手を離してはいけないとされる、お胎内くぐり。
暗闇の中、彼女たちが聞いた家族連れの会話とその後。

「猫が焦げる臭いがする」
捨てても捨てても戻ってくる猫。
業を煮やした彼女が取った"処分"の方法と、その報いは。

「生き霊となったストーカー」
ピタリと止み、安心した直後に異様さを増し再開されたストーカー行為。
ついに不法侵入にまで至り、捜査に踏み切った警察から知らされた事実とは。

「山彦さま」
キノコ狩りに入った山で迷い、一夜を明かす事となった彼女の前に現れたモノ。
夢ではなかったその証に、彼女のリュックの中には。


こわいこわい話 (竹書房文庫)

竹書房
売り上げランキング: 1501841
おすすめ度の平均: 2.0
2 あまり、怖くないかな?

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
スポンサーサイト

心が癒される怖い話 死者から愛する者へ 編:心霊リサーチ研究所

2010年10月10日 09:17

怖くはない、優しく悲しい怪談話・第二弾。
人は死んでも愛する人への想いは決して消えない、そんな奇跡の話を十八編。


「愛と感動のメール」
妻と幼い子と別れ海外へ単身赴任した男の楽しみは毎日のメールのやり取りだった。
その日届いたメールは、いつに増して家族を想う言葉で埋め尽くされていたが…

「飼い主とペットの生と死を超えた絆」
余命宣告を受けた女性の支えとなったのは小さな子猫だった。
その猫もまた病気により死んでしまうが、遺された女性の心には。

「別れの花火大会」
物心ついた時からの親友を確実に蝕む死の病。
毎年共に出かけていた花火大会に、一人で行く事となった彼女を待っていたのは。

「泥に埋もれた幼女の嘆き」
自らの居場所を主張する、幼い女の子。
誰にも気づかれないまま…何十年もの間話が通じる人を待っていたというのか。

「シックスセンス」
不慮の事故により妻と長女を一度に亡くした男。
残された幼い二女を必死に育てるうちに、男が気付いた娘の友達の存在とは。

「死してなお、兄弟の命を救った勇敢な隊員」
9.11テロにいち早く駆けつけた救急隊員の兄と消防隊員の弟。
ビルの崩壊に巻き込まれ、瓦礫に閉じ込められた弟を見つけたのは確かに兄の声だった。

「クリスマスミサで起こった奇跡」
誰からも愛され、なくてはならない存在であったオルガン奏者。
病に倒れてもなお、ミサに参加したいとという想いが起こした奇跡とは。


心が癒される怖い話 死者から愛する者へ (竹書房文庫)
心霊リサーチ研究所
竹書房
売り上げランキング: 1271698

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

こんなに優しくて哀しい本当にあった怖い話 編:心霊リサーチ研究所

2010年10月09日 13:34

怖くはない、優しく哀しい怪談話。
遺した大事な人の為に、死者が起こした奇跡の話を二十五編。


「運動会のビデオに映った母の姿」
運動会で突如起こった事故の一部始終を撮影していたビデオ。
直撃を受けた筈の子供を救った、その母の姿もまたしっかりと映っていた…

「幻のデビュー曲」
メジャーデビュー直前に事故で急逝してしまったギタリスト。
すっかり気落ちし活動停止も考えた残りのメンバーの元へ、届いたのは。

「天国の祖父から孫へ、日曜日の定期電話」
祖父を亡くして以来沈み込む孫娘の元へ掛って来た電話。
孫を想う優しいその声は、両親や葬式を行った神父までもが聞いたという。

「いじめ自殺から芽生えた真の友情」
復讐を誓い、苛めた相手を見据えたままま自殺した少年。
しかし彼らが真に後悔し謝罪した時、少年は…

「事故死後も我が子を守り続けた母の霊」
助けを求める女性の姿を追い、見つけたのは事故から既に数日が経つ車。
その中には息絶えた母親と、ギリギリの状態で生きている息子の姿が…

「真夜中のエレベーター」
住人に親しまれ、愛されたマンションの管理人の突然の死。
その誠実さは死後も続いていたが…

「殺人犯の名を告げる血文字」
証拠不十分で逮捕する事が出来ない殺人犯を追い詰めたのは、被害者本人だった。
そのあまりの無念からか、事件から数ヶ月も経って浮き出してきたのは。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。