--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怪異標本箱 著:ひわときこ

2010年10月24日 19:09

オカルト好きな著者の元に集まる不思議体験。
怖いというよりちょっと不思議でユニークな怪異を、漫画で六編。


「のたうちまわる幻」
家具を一つ、処分した途端に異常な反応を見せるようになった猫。
かつての同居人が置いて行った、その家具は。

「夢中の人」
不思議な夢を見る、二人の友人の話。
夢で会った人が現実にも…似ているようで全く似ていないそんな怪異。

「どこかの放課後」
著者が通っていた中学に出没したという大量の人ならざるモノ。
多数の生徒達から目撃される事となるが、不思議と怖くなかったのは…

「専用車霊」
霊感の強い、母子の話。
娘の夢に現れた守護霊と思われる男は現実でも姿を見せ、更に…!?

「働きモノたち」
死にそうな程働く人。死んでもなお働くヒト。
その二人が出会ったら…?

「最愛の魂」
「専用車霊」の娘が見届けた、恋人同士の霊。
自らの死を知る彼は、気付いてない彼女の為に…


ほんとにあった怖い話コミックス 怪異標本箱
ひわ ときこ
朝日新聞出版
おすすめ度の平均: 4.5
5 猫好きにおすすめ
4 まったく怖くないですが

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。