--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

稲川淳二の最新・超怖い話 著:稲川淳二

2011年08月31日 23:40

稲川淳二が送り出す、薄めの怪談本。
散々既出の話ばかりの…そんな怪異を二十三編。


「第二話 もうひとりのお母さん?」
眠る娘の頭を撫でる、優しい母の手。
しかしその日母は不在だった事を思い出した彼女が、声を掛けたところ…

「第三話 東北地方の大学生のアパート」
何度掃除しても部屋の隅から出てくる、長い髪とヘアピン。
そんなアパートの前を通りかかった友人が見たというモノとは…

「第九話 人魂を招いた農家」
子供の頃のの著者が叔父と共に見た、人魂の行方。
吸い込まれるように消えたその先で、数日後…

「第十五話 深夜の足音に運び込まれたポスター」
不審な物音に起きだし、再び布団に戻るまでの間に現れた壁のポスター。
ぺらりと剥がれ顔の上に落ちてきたそのポスターの感触は、まるで…

「第十六話 真っ赤な男」
何故か頭に飛び込んでくる、行った事の無い筈の次のライブ会場の映像。
そこに居る不気味な男の存在に、著者は…

「第十七話 幽霊がしかけたトラップ」
たまたま車でなく、歩いて自宅へ向かった著者の足を引き留める何か。
小隊に知れないその道へ、スタッフの一人を連れて行ったところ…

「第二十三話 私が殺人死体の発見者」
ロケ中、何気に入り込んだ山で片足が穴に落ちた著者。
引き上げたその足に絡まってきたのは、尋常ではないモノだった…


稲川淳二の最新・超怖い話 (ザ・テレビジョン文庫)
稲川 淳二
角川書店
売り上げランキング: 578353

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。