--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当にあった病院の怖い話 著:元田隆晴

2010年03月28日 23:00

現役医師が語る医療現場の不思議体験、第四弾。
著者自身の経験も含めた医学とは相反する怪奇、十七編。
現役看護師による体験談有。


「内線52656」
繋がる筈のない、閉鎖された病棟の内線番号。
つい悪戯心を出した医師が聞いたモノは…

「看護婦のラブレター」
自殺した恋多き女が遺した手紙。
彼女を捨てた男達への恨み事は、やがて現実に…

「謎の女祈祷師」
脳幹出血で倒れたにもかかわらず、後遺症もなく全快した患者。
その影には一人の女の力が?

「コイン・リュージョン」
人の顔の様にも見える、レントゲン写真に写る影。
医師にも患者にも覚えのあるその顔は。

「すてきな携帯電話」
病により声を無くした患者の楽しみ。
医師も確かに声を聞いた、その通話相手は…

「ホームレスの見た夢」
ホームレスが寝床を求め、潜り込んだ先で見た夢。
持主とのトラブルの果てに知れた事実とは。

「大酒飲みの医師」
遺伝子で決まり変化する筈のないアルコールへの耐性。
その研究を続けていた医師を襲った異変とは。


現役医師が体験した!!本当にあった病院の怖い話 (竹書房文庫)
元田 隆晴
竹書房
売り上げランキング: 958395

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kumaniac.blog99.fc2.com/tb.php/114-382b23e9
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。