--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病怨 編著:元田隆晴

2010年04月04日 19:47

現役医師が語る医療現場の不思議体験、第六弾。
生と死に寄り添う者たちが出会ってしまった怪奇、二十五編。
「ブラックジャックによろしく」の作者、佐藤秀峰との対談有り。


「骨折」
一日一人ずつ訪れる骨折した中学生。
林で拾ったモノの所為だと語る四人目で終わった、と思われた次の日。

「女医」
失踪した女医が遺した、ロッカーの中の金庫。
何重にも鍵のかかるその中身を誰も知らないまま…

「身代わり」
自殺を制止しようとして巻き込まれ負傷した患者。
錯乱するその原因は、怪我でもなく相手の死でもなく。

「ウイルス」
何年も前に亡くなった患者の名で送られてきたメール。
添付されたファイルのその言葉を口にした医師が次々と…

「汚水槽」
次々と倒れ亡くなったという作業員。
彼らは何を見たのか、工事の為移転した物と同じ数だけ…

「プリンター」
中古で購入したプリンターから吐き出される写真。
それは出逢うかもしれなかった一つの未来を映し出した物だった。

「口頭試験」
末期の心臓疾患を論文のテーマに選んだ医師の話。
プレゼンに挑んだその時、既に全員亡くなっていた患者達が…


病怨 (竹書房文庫)
病怨 (竹書房文庫)
posted with amazlet at 10.04.04
元田 隆晴
竹書房
売り上げランキング: 1513696

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kumaniac.blog99.fc2.com/tb.php/118-76fe9a2d
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。