--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木原浩勝の現代怪談集・百怪忌 おそろしい部屋の話 著:木原浩勝

2010年07月13日 00:22

携帯コンテンツ「MiChao!」で連載していた漫画をコンビニムック化。
百話続く事はなかったものの、埋もれるにはあまりに惜しい怪異を十二編。


「ぽたりぽたり」
夜中天井から垂れ下がり雫を垂らす、光るモノ。
害はなさそうだからと彼は言うが、後輩の目には…

「きゅうくつな部屋」
恋人が訪ねて来る度に、違和感と圧迫感が増す部屋。
彼女は何も悪くない…が、何を置いていっているというのか。

「インコと死神」
可愛がっていたインコが死ぬ前に見た、死神の夢。
再び同じ夢を見た時、そこにいたのは。

「首」
無かったり、覗いたり、転がったり。
説明のつかない、一瞬の遭遇。

「3台の自動車」
車から出てきたモノ、中に居たモノ、漏れ出ていたモノ…
何があったのかなど恐らくは永遠に解らない、他人の車の中…

「ひとりで眠るな」
子供の頃には知る由のなかった、しきたりの意味。
その部屋ではひとりで寝てはいけない。たとえ一瞬でも…

「ぽっかりと、穴」
通学途中の用水路にぽっかりと開く暗い穴。
そこから見上げる黒い人影は、ずっとその時を待っていたのか。


木原浩勝の現代怪談集・百怪忌/おそろしい部屋の話―新耳袋 (SHUEISYA HOME REMIX)
木原 浩勝
ホーム社 (2010-07-12)
売り上げランキング: 23281

作画:
桟敷美和/温出真巳/桜沢鈴/千之ナイフ/鯖玉弓/高芝昌子/寝猫/鯛夢/洋武

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kumaniac.blog99.fc2.com/tb.php/152-19b458ea
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。