--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

封印怪談 3 著:並木伸一郎

2010年07月18日 23:39

超常現象研究家が長らく封印してきたという怪談集・第三弾。
未だ謎の解けない著者の話を含めた怪異をここに、四十五編。


「井戸の中」
井戸に貼られた金網製の蓋。
転落防止ではなく、使用できぬようにする為らしいが…

「家系図」
2から続く、著者の家系に纏わる話。
家系図から読み解いていくとそこには…

「殺人事件」
友達の家で見た、あまりにも生々しい夢。
果たしてそれは本当にただの夢なのか…

「入らずの部屋」
絶対に入ってはいけないと言い渡されていた部屋の怪異。
兄は自室として使っているというのに、何故か彼女だけが。

「くすり指」
ネットで知り合った相手から贈られた指輪。
その後の異変は、警告かそれとも執念か…?

「閻魔様」
別れた相手の悪口を吹聴しまくっていた男の末路。
罰があたったかと思えたそれより怖いのは。

「毛筆の手紙」
長年の友情が裏返った時の恨み程怖ろしいモノも無い。
薄墨の字に込められたその言葉には、どれほどの念が篭っていたのか。


封印怪談〈3〉
封印怪談〈3〉
posted with amazlet at 10.07.19
並木 伸一郎
経済界
売り上げランキング: 33582

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kumaniac.blog99.fc2.com/tb.php/155-29ffa803
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。