--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒丸ゴシック1 人間崩壊 著:黒史郎

2010年07月31日 21:26

黒史郎と平山夢明の最凶タッグ、ここに誕生。
壊れた人間の不思議で怖くて不気味な狂気を、ここに三十編。


「ブービートラップ」
ガードレールの落書きと、供えられた人形と花。
それは、供物ではなく餌なのだろうか。

「クジラマク」
介護士が見た、ある老人の孤独死。
誰にも看取られる事のなかった彼を悼むかのようにそれは…

「孫の手触り」
哀れな老人が危惧した、最悪の事態だけは避けられた。
しかし、彼女にとってそれはもう。

「習性」
仕事が真面目で人懐こく誰からも好かれた青年の、日常の一部。
世話になった人へ贈るべく彼が作りつづけるモノとは。

「他力本願」
改装工事の現場に乞いに来る女。
金でも食べ物でも人でもない、彼女が欲しいと願うのはただ一つ。

「膿座布団」
新聞配達途中の少年を襲いその尻に噛みついた野良犬。
狂犬病より恐ろしい、その犬は直前まで…

「スライディング」
シャコタンの下に潜り込んでしまった、モノ。
猫ではない、霊でもない。ならば。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kumaniac.blog99.fc2.com/tb.php/160-a29de5d0
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。