--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怪談 ひた隠しにされた日本各地の心霊体験 編:日本恐怖夜話之会

2010年09月01日 00:44

どれほど科学が発展しても説明のつかない事がある。
決して表沙汰にはされない、してはいけない…そんな怪異を三十六編。


「最期の贈り物」
自らの死期を悟っていたのであろう妻が、自宅に遺した物。
死後一年も経ってから異変を呼びこんだ切っ掛けは、やはり。

「そのとき彼女に見えたもの」
色々見えてしまう彼女が恋人と別れた、その訳。
彼氏の後ろに居たモノは…

「魔界のカーチェイス」
改造車を飛ばす走り屋を煽ってきたのは、到底ありえない車だった。
抜く事もやり過ごす事も出来ず、ぴたりと付いてくるその車には…

「黒い生き物」
ストーカーが見た、ターゲットの家に忍びこむ黒い影。
一度ならず二度までも、その家に翌日起こった事とは。

「五本の線が…」
剥がれおちた壁により不幸な死者が出て以来、アパートに起きた異変。
御払いも効かず続く怪異に、ついに建て替えが始まった時…

「悪霊を呼ぶCD」
殺人事件の被害者が借りていたというレンタルCD。
返却されたそのCDを事件と似た状況で聴いた時、現れるのは…

「「お菊」という女」
どこかの寺に納められているという「お菊の皿」
一般公開されていない、その理由とこっそり見てしまった高校生のその後は。


怪談―ひた隠しにされた日本各地の心霊体験 (青春文庫)
日本恐怖夜話之会
青春出版社
売り上げランキング: 1321884

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kumaniac.blog99.fc2.com/tb.php/176-23b3c357
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。