--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私たちは幽霊を見た! 編:ナムコ・ナンジャタウン「あなたの隣の怖い話コンテスト」事務局

2010年10月03日 20:17

ナムコ・ナンジャタウン夏恒例の実話怪談コンテスト。
全国から寄せられる、定番の怪異をここに四十九編。


「オンラインゲームに、怨念のこもる赤い文字」
些細なすれ違いから異様な執着を見せるようになった相手。
ある日話しかけてきたその文字の色は、システム上あり得ない色だった…

「首吊り屋敷の二階左端の窓に……」
ストリートビューで見た廃墟の窓に写る何か。
ネット上では飽き足らず、ついに現地に出向いた彼を出迎えたモノは。

「溺れる夢のそこに潜む怪」
転勤して以来悪夢にうなされるようになった夫。
まるで引きずり込まれるように妻も同じ夢を見た、その後判明した事とは。

「病室のベッドの下に潜む「お兄ちゃん」」
入院中の幼い娘が訴える「お兄ちゃん」の居場所。
意地悪をしてくるのだという彼は一体何がしたいのか…

「あの女子寮、出るんだもの……」
生徒が長く居着く事のない女子寮。
彼女達が見たモノは、果たしてその土地の古い呼び名と関係があったのか。

「祖母の長寿は「病室の小鬼」のおかげ」
病室で眠る祖母の上で蠢く異形のモノ。
祖母の命を脅かす為に来たのかと思えば、その後。

「ネコも、人も、殺すのは簡単よね」
停電のついでに始めた百物語。
聞いたような話が続く中、一人が始めた話は妙に生々しく…


私たちは幽霊を見た ! ( 二見WAi-WAi文庫 ) (二見文庫)
ナムコ・ナンジャタウン「あなたの隣の怖い話コンテスト」事務局
二見書房
売り上げランキング: 277080
おすすめ度の平均: 5.0
5 懐かしさもあるけど、やはり怖い

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kumaniac.blog99.fc2.com/tb.php/196-b0df420e
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。