--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんなに優しくて哀しい本当にあった怖い話 編:心霊リサーチ研究所

2010年10月09日 13:34

怖くはない、優しく哀しい怪談話。
遺した大事な人の為に、死者が起こした奇跡の話を二十五編。


「運動会のビデオに映った母の姿」
運動会で突如起こった事故の一部始終を撮影していたビデオ。
直撃を受けた筈の子供を救った、その母の姿もまたしっかりと映っていた…

「幻のデビュー曲」
メジャーデビュー直前に事故で急逝してしまったギタリスト。
すっかり気落ちし活動停止も考えた残りのメンバーの元へ、届いたのは。

「天国の祖父から孫へ、日曜日の定期電話」
祖父を亡くして以来沈み込む孫娘の元へ掛って来た電話。
孫を想う優しいその声は、両親や葬式を行った神父までもが聞いたという。

「いじめ自殺から芽生えた真の友情」
復讐を誓い、苛めた相手を見据えたままま自殺した少年。
しかし彼らが真に後悔し謝罪した時、少年は…

「事故死後も我が子を守り続けた母の霊」
助けを求める女性の姿を追い、見つけたのは事故から既に数日が経つ車。
その中には息絶えた母親と、ギリギリの状態で生きている息子の姿が…

「真夜中のエレベーター」
住人に親しまれ、愛されたマンションの管理人の突然の死。
その誠実さは死後も続いていたが…

「殺人犯の名を告げる血文字」
証拠不十分で逮捕する事が出来ない殺人犯を追い詰めたのは、被害者本人だった。
そのあまりの無念からか、事件から数ヶ月も経って浮き出してきたのは。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kumaniac.blog99.fc2.com/tb.php/202-1d548838
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。